上手にお金を借りる方法

突然の病気や冠婚葬祭などで、急にお金が必要になった時、お金を借りるためにはどうしたらいいのでしょうか。

ひとくちに「お金を借りる」と言っても、親族から借りたり、自治体などの公共機関を頼ったり、金融機関でカードローンを利用したりと、さまざまな手段があります。

このページでは、主にカードローンに焦点をあてて、賢くお金を借りるためのお役立ち情報をお伝えします。

カードローンでお金を借りるメリットとは

メリット1:カードローンなら、さまざまな用途に使える

カードローンは、住宅ローンや自動車ローンのように使用用途が定められていません。

事業資金としての使用がNGのケースもありますが、基本的には使用用途は自由です。

急な冠婚葬祭や引っ越し費用の支払い、交際費や生活費の足しなど、さまざまな用途で利用することができます。

決められた限度額の中であれば繰り返し何度も利用できること、カードローンの大きな利点といえます。

ただし、賢く利用すれば困ったときの大きな助けとなるカードローンですが、その手軽さゆえ借り過ぎてしまうことも。

カードローンで「お金を借りる」ということは「借金」をするということ、つまり「返済する義務」が発生するのです。

収入と支出のバランスをしっかりと考えた上で、計画的な借り入れをしましょう。

メリット2:審査に必要な書類は、基本的には本人確認書類です

カードローンを利用する際は金融機関による審査があります。

審査に必要な書類は、基本的に運転免許証などの顔写真付きのものや、健康保険証・年金手帳(顔写真がないものは、別途、住民票の写しや現住所の記載がある公共料金の領収書)などの本人確認書類です。

ただし、借入限度額が大きい場合や、複数企業での借入総額が100万円以上になる場合は、収入証明書が必要になるケースもあります。

メリット3:スピーディな審査で、必要な時にすぐ借りられる

審査は早ければ30分から1時間が多く、遅くとも1週間程度で終わります。審査が通ればお金を借りることができます。

申し込んだその日に即日借り入れが可能なカードローン会社も多く、電話やネットなどからの依頼で、自分の銀行口座に振り込みをしてくれたり、店舗や提携金融機関に設置してある無人契約機からその場でローンカードの受け取りをして、金融機関のATMやコンビニATMなどから、手軽にお金を引き出せるのもメリットです。