低金利で借りれておすすめの静岡銀行カードローン

カードローンをおすすめするなら低金利のもの

カードローンについて検索していると、いくつか種類があることに気が付くと思います。

  • 銀行カードローン
  • 信用金庫のカードローン
  • 大手消費者金融のカードローン
  • 中小消費者金融のカードローン

といったようにカードローンには種類があり、それぞれで特徴があります。

例えば、

  • 金利が低いもの
  • 即日借り入れが可能なもの
  • 無利息期間が設定されているもの
  • 審査が通りやすいもの

などといった特徴があります。

借入を行う人のその時々の都合によって、どういった特徴のものを選ぶかは変わると思います。

その中でも、今回低金利のカードローンについて詳しく解説してきます。

緊急で借入を行う場合で、次月に返済が可能ならあまり金利は関係ないかもしれませんが、まとまった金額の借入を行う場合は金利は非常に重要になります。

特に、借入をしたときの金利の殆どは、紹介されている金利の上限で設定されることが多いため、上限金利に着目しながら借りないといけません。

こういったことは、借入を何度も行っている人は気づいていますが、借入を今まで行ったことがない人ほど金利の下限を見て選ぼうとします。

そこで今回は、低金利のカードローンの選び方について詳しく解説していこうと思います。

低金利のカードローンの特徴

銀行カードローンは低金利が多い

低金利のカードローンには、銀行系のカードローンが多いです。

消費者金融系のカードローンの上限金利の多くは、18%前後なのに対して、銀行系カードローンの上限金利は14%前後と4%の差があります。

長期で借り入れをする場合、数%の金利でも返済の負担になるため、この差はかなり大きいです。

低金利のカードローンは借入条件が厳しい

金利が低いカードローンは、ほとんどの場合借入条件が厳しくなっています。

金利を低く設定するということは、金融業者側の利益が減る構造になるため、金融業者側はなるべく長期間の借入で金利分を取り返そうとする構造になります。

そのため、貸す相手側は長期的に、かつ確実に返済してくれるかを確かめる必要があるため、信用情報の調査に時間がかかります。

このような構造のため、金利が低いローンを組むと調査期間が必要になるため、審査に時間がかかります。

住宅ローンのように金利が低く、多額な借入の場合は2週間~1ヶ月半かかってしまう場合もあります。

金利が低いということは審査や借入条件が厳しいと覚えておきましょう。

審査に落ちる理由

低金利のカードローンの場合、信用情報がかなり重要になります。

最低限の基準として、

  • クレジットカードの支払を延滞をしたことがある
  • 別の金融機関から借入がある
  • 勤め先がまだ試用期間中
  • 審査基準となる、最低年収にとどいていない

といった理由が考えられます。

細かく見ていくと、家族構成や配偶者の年収など、返済能力に関わる細かい数字なども調査されます。

審査の根底には、安定した収入があり、返済能力に保証がある人が好まれます。

そのため、公務員や大手企業など、倒産のリスクが少ない企業に勤務している人ほど審査に通りやすくなります。

低金利の基準

選んでいるカードローンが低金利と判断する目安は、上限金利が14%前後であるかが基準となります。

カードローン商品が低金利か判断するには、上限金利を見てください。

重要な点として、金利を見るときは上限金利に着目してください。

一般的なカードローンの金利は、3〜18%と言われています。

金利が高いと言われる消費者金融も、下限の金利を見ると、金利が低いと言われている銀行系カードローンとあまり差がありません。

それなのに、金利の高い低いという声に差が出るのは、最初に借入をおこなときは、殆どの場合上限金利が適用されるからです。

最初は上限金利が適用される理由は、新規の利用者はカードローン会社にとってもどういった客なのか判断が難しい顧客なので、審査は通しますが確実に返せる人かどうかをみるために、最初は高い金利を設定します。

そのため、現実的に金利で比較を行う場合は、上限金利を見ないと借入の計画自体が立てにくくなります。

とはいえ、返済日に遅れること無く、何度か利用することで信頼度が上がっていき、優良顧客と判断されると限度額や金利が優遇されて、徐々に金利が下がっていきます。

最低金利の適用について

カードローンを利用するなら、なるべく最低金利を適用したくなるかと思います。

しかし、上限金利よりも低い金利で借入をする場合は、なるべく多くの借入と、過去の返済実績が必要です。

というのも、借入先によりますが上限金利よりも金利を安くする基準として、100万以上借入が無いと安くならないというところもあります。

そのため、最低金利を目指すならば、まとまった借入が必要なため、あまり期待しないことをおすすめします。

低金利でおすすめのカードローン

今回紹介する静岡銀行カードローンは、消費者金融よりも低金利でお金を借りることができるのはもちろん、他の銀行カードローンと同じくらい低金利で利用できます。

さらに、無利息期間が1.5ヶ月あるため、100万円以下の借入ならば、消費者金融からお金を借りるよりも、支払いを抑えることができます。

他の消費者金融や銀行カードローンと比べながら確認してみましょう。

  • 静岡銀行カードローン:年4.5%~14.5%
  • 新生銀行カードローンレイク:年4.5%~18.0%
  • アコム:年4.7%~18.0%
  • プロミス:年4.8%~17.8%

アコムやプロミスなどの有名な消費者金融とは3%以上金利が安くなっており、他の銀行カードローンと比べても金利が安くなっているのがわかると思います。

つまり静岡銀行カードローンでお金を借りても、金利の面で損はしないということです。

カードローンの返済で支払う利息は、金利で決まります。

そのため、無利息期間が長く、低金利の静岡銀行カードローンでお金を借りれば無駄な支払いを節約することができます。

静岡銀行カードローンに申し込む

静岡銀行カードローンセレカ

実質年率:4.0%~14.50%
借入限度額:10万円~500万円まで
無利息期間:45日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0

低金利をカードローンで支払いを抑える

ここで、低金利のカードローンの支払いを抑える方法を説明します。

繰り上げ返済を活用する

低金利のカードローンの支払いを抑えるコツは、なるべく繰り上げ返済を活用することです。

前述したとおり、低金利の銀行カードローンの多くは長期の借入を期待して審査を通します。

これは、長期の借入をしてもらうほど、貸した側の儲けが多くなるからです。

そのため、こちらは貸した側の狙いを外すように、毎月の返済額ではなく、なるべく繰り上げで返済を行うと、かなり支払いを抑えることができます。

カードローンの利息は日割りで単利なので、借り入れ残額を減らせば当然、かかる利息もどんどん減っていきます。

余裕がある月は、なるべく繰り上げ返済を行い返済期間を短くしましょう。

繰り上げ返済は、前回の返済日の翌日から返済を行う日までの借入残高に対して金利がついています。

この仕組を理解して、なるべく早めに返済を行いましょう。

手数料をカットする

支払いを行う中には、毎回手数料が掛かることが多いです。

そのため、支払総額を抑えるという観点から、手数料をカットすることも忘れてはいけません。

借り入れ先と支払い方法を決めるときは、指定日に銀行から口座振替をするか、提携ATMから払い込みをする方法を選ぶと思います。

引落口座から支払いをする場合は問題ありませんが、ATMからの支払いを選んだ方は要注意です。

ATMの手数料は数百円程度なので、気にする人は少ないですが、長期の借り入れになると手数料だけでも数万円掛かります。

また、休日の場合は手数料も高く付くため、もしATMでの返済を選んでいるなら、借入先のマイページから返済方法の変更をおすすめします。

借入をしたときは、数万円でもありがたいものなのに、いざ手数料のように少額で長期的に見たら高額になる、わかりにくものに対しては無頓着になる人は多いので、一度冷静に手数料について考えてみてください。

短期借入なら無利息期間のカードローンを選ぶ

カードローンの利息額は、以下の計算方法で知ることができます。

借入残高×金利÷365×借り入れ日数(小数点以下切り捨て、借り入れ当日は除く)

金利は年単位分で記されていますが、実際には一日単位で付与されていくので、365日で割ることで一日あたりの利息を知ることができます。

このようにカードローンの利用日数がかさむと、利息総額が高くなる仕組みになっています。

そのため、利用日日数が短い場合は、無利息期間のある大手消費者金融から借り入れたほうがお得です。

なぜなら、銀行系カードローンは無利息期間が設定されていないものも多い反面、大手消費者金融は無利息期間が設定されているものが多いため、上手に活用すれば、借り入れ初月の返済を全て残高に当てることができ、トータルの利息を大きく減らすことも可能です。

1つの目安ですが、返済期間が半年以内で済むようなら、低金利の銀行系カードローンを利用するよりも、無利息期間の長い消費者金融を利用したほうが、利息の支払いを少なくすることができます。

銀行カードローンと消費者金融の違い

銀行カードローンと消費者金融の違いは、総量規制があるかないかです。

貸金業法による総量規制とは、過去に消費者金融で返済不可能な金額まで借入をして、自己破産してしまう人が増えてしまったことがあり、年収の3分の1を超える借り入れを規制する法律です。

これは消費者金融にだけ適用されます。

そのため、まとまったお金が必要なのに総量規制が原因で、消費者金融から大金を借りられなかった人は、銀行系カードローンで流れていくという違いがあります。

次に金利の幅の違いがあります。

これまで説明してきたように、消費者金融よりも銀行カードローンの方が金利が低く設定されています。

しかし、無利息期間などのサービスがあるのは消費者金融が多いです。

そのため、長期間の借入化、単発の借入なのかによって、どちらが得か変わってくることになります。

最後に、審査の基準の厳しさに違いがあります。

消費者金融の審査は、個人事業主や自営業、フリーランスで働いている人も、仕事をして安定した収入があればパートやアルバイトでも問題なく借り入れることができます。

しかし、銀行カードローンは安定した収入があっても、審査に通るとは限りません。

銀行カードローンは消費者金融に比べると金利上限が低いので選択したくなりますが、借りるための審査基準は消費者金融と違い厳しいので、公務員や大手企業に勤めている、限られた人しか利用できません。

低金利を利用したおまとめローン

おまとめローンとは、多重債務者向けの借り換えローンのことで、複数の債務を一本化させることで、金利と毎月の返済の負担を低くしてくれるローン商品です。

カードローンは、2010年に改正貸金業法が施行され、新たに総量規制という規制ができました。

総量規制によって、消費者金融から借入できる総額は、年収の3分の1までと決められてしまったため、複数社から債務があり、返済のために新規借入しようと思っても、総量規制のために審査に通らず、借入できないという人が増えました。

そういった方達の救済措置としてできたのがおまとめローンで、おまとめローンは、商品の特性上、「顧客に一方的に有利な借り換え」と定められ、総量規制の対象外の貸付となりました。

そのため、すでに総量規制の上限まで借入がある方でも、消費者金融などの貸金業者からでも新たに借入でき、他社の債務の返済に充てることができるようになりました。

ただし、おまとめローンはうまく利用しないと逆に損をしてしまうケースが多いです。

おまとめローンで得をするケース

消費者金融で多重債務に陥っている場合

消費者金融で複数社借入がある方は、全ての借入が高金利で借入していることになります。

消費者金融は、利息制限法で100万円未満の借入に関しては上限金利18.0%、100万円以上の借入に対しては上限金利15.0%と定められています。

ほとんどの消費者金融は100万円未満の場合は18.0%の金利で借入することができますが、中小の街金などでは19.0%や20.0%で貸付している業者も見かけます。

消費者金融の場合、1社で100万円以上借入できるケースはほとんど無いため、多くの方が、18.0%程度の金利で複数社から借入していることになります。

このケースの場合は、銀行のおまとめローンを利用することで、金利が14.0%程度まで引き下げることができるため、金利も低くしながら、毎月の返済金額も少なくして、なおかつ総返済額も低くできる可能性が高いです。

金利を更に低くできる場合

現在の借入の金利の平均が、おまとめすることで大幅に低くできる場合は、おトクにおまとめローンを利用することができます。

銀行のカードローンの上限金利の平均は14.5%程度なのですが、一部のカードローンでは、審査結果によっては、10%以下の金利で貸付してくれるケースもあります。

そのため、現在消費者金融ではなく銀行で借入している方でも、審査によって金利が更に低くなる場合は、積極的に借り換えした方が金利が低くなり、毎月の返済負担も軽くすることが可能です。

当サイト人気カードローンランキング

第1位 アコム

実質年率:3.00% ~ 18.00%
借入限度額:800万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第2位 モビット
モビット
実質年率:3.00~18.00%
借入限度額:800万円
無利息期間:0日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第3位 静岡銀行カードローンセレカ

実質年率:4.0%~14.50%
借入限度額:10万円~500万円まで
無利息期間:45日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0