アコムでお金を借りた体験談

アコムでお金を借りるなら

借金を一度もしたことがなく、初めてお金を借りる人はたくさんの不安を感じていると思います。

「はじめてのアコム」とCMで謳っていることもあり、初めてアコムを利用する方専用の相談電話窓口や30日間の金利0円期間など、キャッシングをしたことがない方でも使いやすいサービスを多数用意しています。

初めてキャッシングする(お金を借りる)人にぴったりのキャッシングサービス「アコム」の借り方や金利、審査内容について詳しく解説いたします。

アコムの審査申込条件

アコムの申込条件は20歳から69歳で、安定した収入と返済能力のある方と決められています。

つまり、無職・無収入の方や配偶者にしか収入のない専業主婦の方、年金収入のみの方の申し込みはできません。

正社員でなくてもアルバイトやパートなどで、毎月収入のある方は問題なく申し込みができます。

担保や保証人をわざわざ用意する必要もありませんので、親にバレるのが心配な学生の方も安心して申込をしてください。

お金を借りるまでの流れ・手順

アコムへの申し込み方法は、主にインターネット、電話、店舗受付(有人窓口・無人契約機)、郵送の4つがあります。

どの申込方法でも提出書類、在籍確認、専用カードの受け取りは必須となりますが、すぐにでもお金を借りたい方はインターネットからの申し込みが最速です。

インターネットから申し込み、無人契約機「むじんくん」で専用のカードを受け取れば、土日祝日関係なく即日融資が可能になります。

公式サイトからの申し込み手順

通常、電話や窓口での契約には、9~21時までと利用できる時間が決まっています。

しかし、アコムのホームページ上からの申し込みは24時間可能です。

入力後、申込者の携帯またはメールにアコムから申し込み内容の確認の連絡が入ります。

連絡が入りましたら、本人確認書類等の画像をパソコン、スマホアプリ、FAXで提出してください。

30分ほどで審査結果が電話かメールで通知されます。

無事審査に通過すれば、カードを受け取る必要がありますが、その方法として郵送か店舗(有人窓口・無人契約機むじんくん)のどちらか選ぶことができます。

郵便は届くまである程度の日数が必要ですし、自宅に何か郵便物が届くのを避けたい方は、窓口または無人契約機へ直接受け取りに行ってください。
むじんくんの借り方はこちら

専用のカードを受け取れば、アコムが休業日でも24時間ATMから借り入れ可能です。

提出が必要な書類

アコムへ申し込みの際には、本人確認書類の提出が必須です。

また、アコムから50万円以上の借入額を希望する方、他社と合わせた借入総額が100万円を超える場合、収入証明書が必要となります。

本人確認書類(いずれか1つ)

  • 運転免許証
  • 個人番号カード等(免許証が交付されていない方)
  • 収入証明書(いずれか1つ)
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書

アコムからお金を借りる方法

アコムでは1万円から800万円まで借りることができます。

生活費や旅費、ショッピング代、急な飲み会代、医療費など利用使途に制限はありません。

お金を借りる際は、近くのATMか店舗窓口、または自分の口座へ振り込みによる借り入れの2つの方法があり、24時間日本全国どこでもアコムを利用することができます。

自分の口座へ振り込んでもらうためには、事前にインターネットか電話での振込み申請が必要となります。

お金の返し方

アコムにはインターネット、ATMでの振込み返済、店頭窓口での返済の3つの方法が用意されています。

インターネットで返済をする際には「Pay-easy(ペイジー)」というサービスを利用します。

アカウントをお持ちでない方は登録する手間がありますが、会員となると24時間土日祝日いつでも返済ができ、振込手数料も無料というお得なサービスを利用できます。

アコムの返済期日

アコムへの返済日は「35日ごと」か「利用者が決めた毎月の指定日」のどちらかを選択することができます。

ただし、返済方法が口座振替の場合は「毎月6日」と決められており、口座から自動で引き落としされます。

毎月の返済日を利用者がしてした場合、約定日(返済日)から15日以上前に返済を行っても、返済期限が延びることはないので注意してください。

自身の給料日やお金の用意しやすい日と調整して、自分に合った返済日を決めてください。

月々の最低返済額

最低返済額はアコムの貸付条件により、1万円~30万円は借入金の4.2%以上、30万円超~800万円は借入金の3.0%以上と決められています。

決められた額以上であれば返済金額に問題はないので、余裕のある日は多めに返済することで利息総額を少なくすることができます。

アコムでお金を借りた人の体験談

実際にアコムでお金を借りた人の体験談を紹介します。

はじめての一人暮らし

私は、5年前ずっと実家で暮らしており、特にお金に不自由した経験はありませんでした。

何不自由なく生活できていましたし、給料もとりあえず人並みにはもらっていたと思います。

しかし、2012年5月に会社から異動を命じられ、急遽京都に行くことになりました。

そこで、人生で初めて一人暮らしをすることになったのです。

さらに、家庭の事情で毎月実家に10万円を入れなくてはいけなかったので、家賃・光熱費などを考えると、収支はどう考えてもマイナス。

最初は貯金を少しづつ切り崩しながら生活していましたが、脳天気な私は全く切羽詰まっておらず、自由奔放にしていたと思います。

生活費が足りなくなる

そんな生活を3ヶ月ほど続けた結果、貯金もなくなってしまい、その日の食事代も困るようになってきました。

飲食店で働いていたのでなんとか食べることができましたが、一番困ったのは公共料金の支払いです。

水道・ガス・電気代を合わせると月間2万円近く。そのときの私にはかなりの負担で、正直困窮していたと思います。

さすがに親に泣きつくわけにもいかず、どうしようかと考えていた時にキャッシングの広告を見つけました。

当時の私は、この方法しかないと思ってしまったのです。

アコムを選んだ基準と理由

早速、広告の中から業者を選ぼうと思ったのですが、何しろ利用すること自体が初めてです。

正直何を基準にしたらよいかがわかりません。

とりあえず大手の業者を数社ピックアップして、各社の貸付利率を比べてみました。

大手業者の利率はすべて同じかなと考えていましたが、見てみると案外 差がある事が分かります。

一番高い業者だと28%で、一番低い業者だと22%でした。(現在は貸金業法の改正により、上限金利はどこも18%以下になっております。)

一番利率の低い業者は、アコムを含めて3社ありました。

次に考えたのは、毎月の返済金額です。

できれば少ない金額を少しずつ返すことができるような業者にしようと考えていました。

比べてみると、アコムの最低返済金額が月々6,000円~であるのに対し、他の2社の最低返済金額は1万円以上だったので、最終的にアコムで借りることを決めました。

審査について

早速申し込もうと思い、アコムに電話しました。

電話口の担当者は女性で、とても丁寧な対応だったことを覚えています。

私 「お金を借りたいのですが、どうしたらいいですか?」

担当者 「まずは、アコムの支店までお越しください。その際お持ちいただく必要書類は・・・」

その後、来店日時の約束をして電話を切りました。

今はインターネットでの申込みが主流ですが、当時は無人契約機まで行くのが一般的でした。

約束の日時に支店に行くと担当者の方が待っており、まず持ってきた書類を見せて欲しいと言われました。

その時持っていった書類は、

運転免許証
給与明細(3ヶ月分)
のふたつ。
書類審査は、約20分程度かかったと思います。

思っていたより審査時間が長いので、「審査に落ちたのかな」と思いましたが、審査を終えた担当者に「新規に借りる方は少し審査が長くなるんですよ。」と言われ安心しました。

その後、審査には無事通過したということで、在籍確認をさせて欲しいと言われました。

在籍確認とは、勤務先に電話をかけて、実際に申込者(今回の場合は私)が働いているかどうかを確かめるものです。

当時の私は在籍確認があることを知らなかったので、「もしかしたら勤務先にバレてしまうのではないか」と思って断ろうとしましたが、担当者から「偽名を使ってバレないように電話をかけるので、会社に借金のことはバレないですよ。」と言われ、とりあえず納得して会社の電話番号を教えました。

数分後、担当者から「在籍確認も無事とれました。」と言われ、すべての審査が終了。

審査時間は延べ30分といったところでしょうか。

貸出利率と借りた金額

審査が終わり、すぐに担当者から借入金額と金利の話がありました。その2点をきちんと確認してから、最終的に現金で貸し出すとのことです。

金利は10万円までは22%で、10万円を超えると21%になるとのこと。

貸付金額は20万円まで大丈夫と言われましたが、とりあえずは10万円を借りることにしました。

正直10万円もいらなかったのですが、担当者から「10万円以上で1万円単位での貸付になります」と言われてしまったので、仕方なく10万円を借りることにしたのです。

その後の増額や金利の変化について

アコムから借りて半年程度は順調に返済できていましたし、新たにお金が必要なこともなかったと思います。

ところが、あるとき財布を落としてしまい、その月の給料を全てなくしてしまいました。

今月はどうやって生活していけばいいんだと、私は途方に暮れました。

そんな時、ふとアコムのことを思い出したのです。

本当はもうこれ以上借入を増やしたくなかったのですが、背に腹は代えられません。アコムで追加融資を受けよう!と思い立ちました。

早速アコムに電話し、担当者に貸出金額の増額を頼めないか相談すると、50万円までなら大丈夫とのこと!

しかし、その場合金利が今より1%高くなると言われて少し迷いましたが、他に手がなかったので泣く泣く承知しました。

結局、上限枠いっぱいの50万円まで借り、それから毎月1万円ずつの返済をすることになりました。

担当者の対応

オペレーター、窓口の担当者の対応はどちらもとても親切で、わからないことについても丁寧に答えてくれました。

こちらが不安に思っていた「返済期限」と「毎月の支払金額」についても、きちんと調べてから返答してくれたので好印象です。

また、強引な融資の誘い等もなかったです。

最初の審査の際は様々なこと(家族、仕事、借金の有無についてなど)を聞かれましたが、増額時は簡単な聞き取りだけで済みました。

アコムに申し込む


実質年率:3.00% ~ 18.00%
借入限度額:800万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0

アコムで初めて契約するなら

返済日を「35日ごと」で選択された方は、返済日は35日ごとと決められていますが、無利息期間内(30日以内)に全額完済すれば、利息は一切かかりません。

ただし、30日の無利息期間が適用されるのは契約日の翌日からで、お金を借りていなくても無利息期間は消費されていくので、注意ください。

審査スピードは早くて即日融資も可能

アコムは銀行のカードローン審査を代わりに行ったり、キャッシュカード「ACマスターカード」の審査経験から、膨大な個人データを有しています。

そのデータを元に作られた独自の審査基準で、申込者には返済能力はあるのか判断するため、素早く審査結果を出すことができるのです。

アコムの審査時間は最短30分と言われており、キャッシング業界の中でも審査スピードは最短と言えます。

とにかく今すぐにでもお金を借りたい方は、アコムを候補に入れてはいかがでしょうか。

キャッシングへ申込時に一番心配なのが、審査に通るのかという点だと思います。

せっかく申し込んでも審査に落ちてしまえば時間の無駄になってしまいます。

時間を無駄にしないためにも、アコムにはわずか3秒で借り入れ可能か判断してくれる 「3秒診断」 というサービスがあります。

年齢や性別、独身・既婚、他社借入金額を入力するだけで、アコムでお金を借りられるのか簡易診断をしてくれます。

あくまで目安なので、実際の審査結果と違うこともありますが、少しでも不安を取り除くためには受ける価値アリのサービスです。

おすすめのカードローンランキング

第1位 アコム

実質年率:3.00% ~ 18.00%
借入限度額:800万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第2位 モビット
モビット
実質年率:3.00~18.00%
借入限度額:800万円
無利息期間:0日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第3位 静岡銀行カードローンセレカ

実質年率:4.0%~14.50%
借入限度額:10万円~500万円まで
無利息期間:45日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0