即日融資でおすすめのカードローンは?

即日で借りるなら

急にお金が必要になったときに非常に便利なカードローン。

カードローンのカードを使えば、いつでも近くの銀行ATMやコンビニATMでお金を借りることができます。

いろいろな金融機関がカードローンのサービスを提供しており、果たしてどのカードローンが条件の良いカードローンなのかと聞かれると、なかなか判断が難しいのではないでしょうか。

今回は、そんな方向けにおすすめのカードローンを紹介します。

実際には、金利や限度額だけでなく、お金が必要となるシーン、また普段使っている金融機関等、さまざまな条件で比較して、自分に合うカードローンを見つけるべきでしょう。

あくまでその参考のために、いくつかの切り口でおすすめのカードローンと、カードローンの選び方について紹介していきます。

即日借入が可能なカードローン

即日融資可能とは、カードローンを申し込んで、当日中にお金を借りることができることを指します。

今日中にお金が必要なのに、引き出しに使うカードローン用のカードを持っていない、という人におすすめのカードローンです。

なお、既にカードローンを持っている方の場合は、そちらのカードローンを利用すれば、銀行ATMや提携ATMなどですぐにお金を借りることができます。

そのため、お金が急に必要となるときに備えて事前にカードローンを作っておくことをおすすめします。

お金が必要なときまでに時間的な余裕があれば、金利や限度額などの借入の条件でカードローンを選ぶことができます。

そうすれば、賢くお金を借りることができるでしょう。

今回は、カードローンを持っていない人向けに、即日融資可能なおすすめのカードローンをご紹介します。

即日融資は、消費者金融のカードローンと、一部の銀行カードローンで可能です。

おすすめのカードローンランキング

第1位 アコム

実質年率:3.00% ~ 18.00%
借入限度額:800万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第2位 モビット
モビット
実質年率:3.00~18.00%
借入限度額:800万円
無利息期間:0日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第3位 静岡銀行カードローンセレカ

実質年率:4.0%~14.50%
借入限度額:10万円~500万円まで
無利息期間:45日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0

即日融資のカードローンを選ぶポイントは

即日融資が前提ということですので、審査スピードが早いというのは言うまでもありませんが、それ以外に抑えておきたいポイントを紹介します。

金利が低いか

借りてもすぐに返すから金利は関係ない、というのであれば問題ないのですが、ほとんどの方は分割して返済することになると思われます。

そうなると、支払利息がより安い方が良いと思うでしょう。

低い金利で借入れするとなれば、おのずと選択肢は低金利の銀行カードローンになるわけですが、申し込む銀行によっては口座を所有していないと、即日融資が難しいといったケースもあります。

「即日融資可能」と謳っていても、フタを開けてみれば借入れまでに数日かかってしまったなんてこともありますので、銀行カードローンで即日融資を希望する際には十分注意が必要です。

借りやすさ返済のしやすさ

最近では、ほとんどの金融機関がコンビニATMにて、24時間借入れや返済ができるようになっています。

ただし、金融機関によっては手数料が必要となる場合があります。

コンビニATMで気軽に利用できるといって、繰り返し利用していると結構な手数料になるので、この点はご注意ください。

家族にばれない

家族に内緒で借入れをしたいといった場合に、一番気になるのが郵送物です。

差出人の名前が借入先の名前でなかったとしても、中身を見られればバレてしまいます。

また、本人受取限定の郵送物だとしても通知書が送付されるわけなので、そこにどこから届いたものなのかということが書いてあるため、勘のいい人ならなんとなく気づいてしまいます。

家族に絶対バレたくないという場合であれば、郵送物がなく、かつカード受取りがカード発行機でできるカードローンを選択しなければいけないということになります。

申し込みやすさ

大手の消費者金融や銀行であれば、webで完結できるものが多くなっています。

ただし、一部の地方銀行や中小消費者金融は即日融資に対応はしていても、webですべてを完結できるシステムにはなっていないところもあり、契約のみ店舗へ行かないといけないといったケースもあります。

比較的、時間が取れるというのであれば問題ありませんが、仕事などで店舗に行けないというのであれば、大手を利用するのがいいかもしれません。

借入額

おおよそ、300万円~500万円に設定されている商品が多くなっています。

大手銀行やネット銀行などは800万円~1,000万円といった限度額に設定されているカードローンもあります。

ただし、申し込んだその日に800万円が必要、ということは滅多にはないことだと思います。

そもそもの話ですが、300万円とか500万円といった金額の借入れを申し込んでも余程のことがなければ、いきなりは貸してくれないことがほとんどです。

最初は10万円とか50万円という限度額が設定され、利用実績に応じて100万円とかに枠を広げてもらう形です。

もし、高額の借入れを希望するのであれば即日融資のカードローンは厳しいとお考えください。

最短で借りるため選び方

最短で借りるにはどうすれば良いのか、その選び方について紹介していきます。

審査時間が早い

書類提出や契約がネットでスムーズに行える、または無人契約機やカード発行機が近くにある。

最低限、これらの条件は満たしていることが必須になってきます。

それを踏まえたうえで、より早く借入れをするための準備をする必要があります。

即日融資を成功させる条件とは

先述したように、申し込み前の準備をしっかりしておくことが即日融資への最短ルートになります。

そこで、どういったことを事前にしておけば良いのか、この点について詳しく解説していきます。

運転免許証などの本人確認書類を用意

運転免許証といった本人確認書類を準備しておくというのは、当たり前の話だと思われたのではないでしょうか。

ただ、金融機関によっては運転免許証以外に健康保険証の提出を求められるといったケースもあるようです。

他社で借入れをしているなら残高を調べる

申し込み時に、名前・住所・生年月日などの情報を入力していくわけですが、大抵の金融機関では「現在の借入状況」を入力する欄が設けられています。

審査に通りたいがために、現状の借入残高より少ない金額を入力したりする人が結構います。

しかし、これは逆に悪い印象を与える結果につながります。

なぜなら、申し込みを受けた金融機関が審査をする際に、必ず信用情報機関にて申込者の情報を確認するようになっています。

この信用情報には、現在どこでどれくらい借入れをしているか、ということも記載されています。

申し込み時に入力した借入残高と信用情報に記載されている金額があまりにもかけ離れている場合、ヘタをすれば虚偽の申告をしているとみなされ審査に通らない可能性だってあるわけです。

脅すわけではありませんが、こういった部分にまで細心の注意を払うことが最短で借り入れをする近道になるということです。

源泉徴収票など所得を証明できる書類を用意

銀行カードローンなどは200万円~300万円を超えると必要としているところが多くなっています。

ただ、これはあくまでも原則の話なので、審査時に必要であれば提出を促されるということも十分に考えられます。

もし審査時に必要になった場合、事前に用意しておけば必要書類提出もスムーズにできますので、時間の短縮もできるというわけです。

この他に、申込先がアコムやプロミスといった消費者金融ではなく、銀行である場合、あらかじめ口座を開設しておくと、申し込みから借入れまでを非常にスムーズに進めることができます。

また、申し込みをする時間帯も即日融資には重要な要素となってきます。

遅くとも、借入れをしたい日の午前中(10時頃)くらいまでに済ませておくのがベストです。

お仕事をされているのであれば、前日の晩に行っておくのがいいでしょう。

最近では、所属する会社への在籍確認の電話を、別の方法で行うことができる消費者金融もあるようです。

ただし、基本的に在籍確認をしますので、会社が休みの日を避けて申し込みをしてください。

即日融資のカードローン

即日融資のカードローンとはなにかの説明をする前に、そもそもカードローンってなにかというところからお話していきます。

カードローンとは

銀行や消費者金融といった金融機関から発行されたカードを利用してATMやCD(キャッシュディスペンサー・現金自動支払機)などからお金を引き出して融資を受けるといった形態を持つものを指します。

借入れに関しては、あらかじめ金融機関との契約した貸出枠(利用限度額)の範囲内であれば、ATM等を利用して何度でも利用できるようというシステムになっているのです。

「無担保」「保証人なし」で借入れできますが、銀行の場合、保証人は金融機関が指定した保証会社が保証する形になるため、銀行と保証会社が審査するというケースがほとんどです。

アコムやプロミス、アイフルといった消費者金融の場合は、保証会社なしで融資を行う分、申し込みから借入れまでの時間が非常に早い反面、金利が高く設定されています。

即日融資とは

読んで字の如く、申し込んだその日に審査回答・融資まで行ってくれるカードローンのことです。

ただ、金融機関によっては融資方法が異なることはあり、大きく分けると「振り込み」「ローンカードを使用しての借入れ」といったタイプに分けることができます。

振り込みに関しては、所有している口座の場合もあれば、申込先で新たに開設する口座の場合もあります。

ローンカードは無人契約機やカード発行機へ行けば発行されるものと後日、自宅等へ郵送されるものがあります。

家族に内緒で借入れをするという場合であれば、この点は注意が必要になるでしょう。

即日融資のメリット・デメリット

申し込んだその日に借入れができるのが即日融資のカードローンの魅力ではありますが「利用する」「選ぶ」際にはメリットとデメリットがあるということを事前に把握しておくことをおすすめします。

メリット

  • 申し込みがネットやスマホで簡単にできる
  • 急にお金が必要になった場合に便利
  • 限度内であれば何度でも借入れができる
  • 銀行カードローンであれば総量規制対象外
  • 金融機関によってはパート・アルバイトや主婦でも申し込みができる

デメリット

  • 借入先の金融機関によって金利が高い場合がある
  • 郵送物(ローンカード等)が送られてくることで家族にバレる可能性がある
  • 限度額内なら何度でも利用できる手軽さから、計画的に利用しないとなかなか完済できない

即日融資カードローンの審査について

カードローンを申し込む際に一番気になるのが審査です。

審査時間・事前に準備するものについては、代表的なカードローンを挙げて下にまとめています。

ここでは「どんなことを聞かれるの?」「他社に借入れがあるけど審査は大丈夫?」といった点について説明していきます。

そもそも、どんなやり取りをするのかと思われたかもしれません。

パソコンやスマホから申し込みをしたあとに、電話にて連絡があることがあります。

大抵の場合は、申し込み意思の確認の連絡なのですが、金融機関によっては以下のような内容を確認されます。

  • どういった理由で申し込むのか
  • 借入金の使用目的
  • 勤務先での具体的な仕事内容
  • 電話番号の確認
  • 携帯電話の所有者確認

これはあくまでも一部ですが、かなり突っ込んだことを根掘り葉掘り聞かれることがあります。

即日融資はいくらまで借入れできるか

先述したように、カードローンの利用限度額は300万円~500万円のものが多くなっています。

ただし最近では、都市銀行や地方銀行のカードローンの利用限度額が800万円~1,000万円といった商品もあります。

この利用限度額というのは、審査に通れば利用できる額というわけではなく、実際には審査時に決められた枠が限度額となります。

つまり、最大限度額が800万円の銀行カードローンに申し込みをし、審査の際に決められた融資枠が150万円だとすれば、150万円を限度とした借入れが可能ということになります。

現段階では、150万円の融資枠ですが、利用実績等ができてくれば融資枠を増やすことは可能です。

また、申し込みの際に希望した借入金額によって、源泉徴収票などの所得証明書が必要となります。

どれくらいの金額から必要になるかというのは、金融機関によって異なります。

申し込み時に確認できるので、一度見て確認してみましょう。

おすすめのカードローンランキング

第1位 アコム

実質年率:3.00% ~ 18.00%
借入限度額:800万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第2位 モビット
モビット
実質年率:3.00~18.00%
借入限度額:800万円
無利息期間:0日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第3位 静岡銀行カードローンセレカ

実質年率:4.0%~14.50%
借入限度額:10万円~500万円まで
無利息期間:45日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0