低い金利でお金を借りる方法

借りるなら金利は低いほうがいい

借りる目的がはっきりしていると、金利は低くなります。

何らかの目的でお金が必要になったとき、誰もが「できるだけ低い金利で借り入れをしたい」と考えます。

例えば、借り入れの目的が住宅や車購入など、始めから限定されている場合は、それら専用に特化したローンに申し込むことで、非常に低い金利でお金を調達することができます。

これは、使い道が明確であれば返済計画が立てやすく、銀行や金融機関も安心してお金が貸せるからです。

住宅ローンであれば、健康状態や年収条件などの一定条件をクリアすることで、35年間の長期返済でも金利が2011年は3%台、2012年は2%台、2013年は1%台と、一般的なローンの金利と比べても、非常に金利を低く抑えてローンを組むことができます。

キャッシングの金利は少し高い

住宅や自動車ローンのような、使う目的がはっきりしているローンではない場合は、金利を低く抑えることは難しいです。

例えば、最も金利が低い銀行で融資を受けるときも、借りる理由を紙面に記述するくらいですので、使う目的がはっきりしていますし、それ以外に使うつもりはないかもしれません。

しかし、銀行は住宅・自動車・育児・教育・医療・旅行などに限り、それらに適した商品を用意しているため、いくら「彼女に誕生日プレゼントを買うため」と使う目的が明確であっても「誕生日プレゼント専用ローン」などの商品はないわけです。

そのため、使い道が自由なローンを借りる場合は、カードローンやキャッシングを利用することになり、それらは住宅や自動車ローンよりも少しだけ金利が高く設定されています。

その代わりに審査基準は緩く、当日すぐに借りられたり、コンビニで返済できたりと、利便性に優れているメリットがあります。

気軽なカードローンを低金利に

カードローンでお金を借りる条件は年収

銀行で少額のお金を借りる場合、最も一般的な方法はカードローンを利用することです。

住宅や自動車ローンと比較してしまうと、金利は少し高いですが、数カ月以内に返済するなら納得できる金利とも言えます。

条件としては、まずその銀行の口座を開設していることであり、未開設の場合はカードローン申込時に同時に作られます。

その上で、安定した収入がなければ審査は通りません。

例えば「年収が○○万円以上でないと利用することができない」と厳密に定めているカードローンもあります。

さらに、カードローンを申し込んだ時点で、他の金融機関からの借り入れがあるかどうかを調査されたり、銀行によっては年収制限をしているところもあります。

銀行カードローンの金利4~18%

カードローンは、消費者金融などのローンと比較して低金利になっており、銀行によって異なりますが年利4~18%です。

借りられる総額も高く、改正貸金業法の総量規制で、消費者金融は年収の3分の1を超える貸付が禁止されましたが、カードローンは総量規制の対象外なので多額の貸付が可能という特徴があります。

また、カードローンの中でも特に金利が低かったり、最大貸付額が大きいときは、年収制限がある場合がほとんどです。

銀行以外に生命保険会社で借りられる

カードローン以外に低い金利でお金を借りられる方法としては、生命保険の契約者貸付を利用するものもあります。

これは、加入している生命保険の積立金(解約返戻金)を担保として、その80%程度までの金額を借りられる仕組みです。

金利は生命保険の予定利率よりも少し高い程度ですので、ローンの金利としては非常に低いです。

契約者貸付は基本的に返済期限は設けられておらず、仮に全く返済しなかったとしても、最終的に生命保険の積立金が支払われるときに、自動的に借りた分を相殺した形になります。

貸付金とその利息の合計が積立金を超えた場合は、それ以上の貸付はできなくなり、超過分の返済が必要になり、返済しなかった場合は保険契約は失効します。

あまり知られていない方法ですが、積立金のある保険契約をしている人であれば誰でも利用できるため、気になる人は保険会社に問い合わせすることをおすすめしています。

カードローンでお金を借りるメリットとは

カードローンはさまざまな用途に使える

カードローンは、住宅ローンや自動車ローンのように、使用用途が定められていません。

事業資金としての使用がNGのケースもありますが、基本的には使用用途は自由です。

急な冠婚葬祭や引っ越し費用の支払い、交際費や生活費の足しなど、さまざまな用途で利用することができます。

決められた限度額の中であれば、繰り返し何度も利用できることがカードローンの大きな利点といえます。

ただし、賢く利用すれば、困ったときの大きな助けとなるカードローンですが、その手軽さゆえ借り過ぎてしまうことも。

カードローンで「お金を借りる」ということは「借金」をするということ、つまり「返済する義務」が発生するのです。

収入と支出のバランスをしっかりと考えた上で、計画的な借り入れをしましょう。

必要なときにすぐ借りられる

審査は早ければ30分から1時間が多く、遅くとも1週間程度で終わります。審査が通ればお金を借りることができます。

申し込んだその日に、即日借り入れが可能なカードローン会社も多く、電話やネットなどからの依頼で、自分の銀行口座に振り込みをしてくれます。

店舗や、提携金融機関に設置してある無人契約機から、その場でローンカードの受け取りをして、金融機関のATMやコンビニATMなどから、手軽にお金を引き出せるのもメリットです。

おすすめのカードローンランキング

第1位 アコム

実質年率:3.00% ~ 18.00%
借入限度額:800万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第2位 モビット
モビット
実質年率:3.00~18.00%
借入限度額:800万円
無利息期間:0日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第3位 静岡銀行カードローンセレカ

実質年率:4.0%~14.50%
借入限度額:10万円~500万円まで
無利息期間:45日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0

銀行よりも消費者金融が人気な理由

お金を借りたい人で、資産価値のある担保を保有している人は少数派です。

銀行の融資ではこの担保を始め、年収や仕事内容を厳しく審査しています。

そのため「すぐに小口のお金を借りたい」という人が最も利用しているのは銀行窓口ではなく、気軽なカードローンやCMでも有名な消費者金融のキャッシングです。

イメージでは「小口=金額が少ない」ですが、消費者金融で多く取り扱っている金額は100万円以内です。

もし数万~数十万円程度を必要とするならば、消費者金融で充分でしょう。

消費者金融はどの駅でも複数店舗は存在するくらいに需要があります。

これほど多く利用されている背景には「無担保でお金を借りられる、審査にかかる時間が非常に短い、早い場合は即日借り入れが可能」という利便性の高さで支持を得ています。

さらに、テレビCMなどで盛んに宣伝されているため、消費者金融は認知度が非常に高く、今では安心して利用できるという心理的な働きも大きいです。

必要書類は本人確認書類のみ

消費者金融でお金を借りる場合に必要な書類は、免許証などの本人確認書類のみです。

金額が50万円や100万円を超えてくると、給与明細書・源泉徴収票・確定申告書といった現在の収入を証明する書類が必要になります。

銀行から融資を受けるためには、安定した収入があることが基本条件になっていることが多いのに対し、消費者金融はパートやアルバイトの人でも一定の職業や収入があることが証明できれば、問題なく審査が通ります。

審査から申し込みまでの手続きも非常に簡単で、ネット上で必要事項を記入し、免許証などのコピーをネット経由で送付するだけで審査を受けることができます。

自宅にいながら、全ての手続きを完了できて、審査が通れば即日指定口座に入金されるため、利用する側はとっては便利です。

ちなみに、申し込みできる条件は、基本的には20~69歳で安定した収入のある人のみです。

これに当てはまっていれば、主婦や学生でもアルバイトが安定収入と認められ、ローンやキャッシングを利用することができます。

無利息期間が長い

CMなどでよく聞くフレーズに「○日間無利息」という仕組みがあります。

これは、初回に借り入れをしたときに、各社で1週間~30日間などの指定の期日までに全額を返済すれば、無利息で返済可能というサービスです。

これは、怪しいサービスではなく、主に新規顧客を集めるための手法として、多くの消費者金融が採用しています。

初回の利用にしかこの無利息サービスは適用されないことが多いですが、非常にデメリットの少ないお金を借りる方法です。

指定口座からの自動返済や、コンビニのATMから手数料無料での返済も可能です。

長期的に返済する際にも手間はかからないようになっています。

このように使いやすい消費者金融ですが、金利は銀行の年利5~15%などと比較すると高く、年利10~18%になっています。

よく「ご利用は計画的に」と言われていますが、くれぐれも借りすぎには注意が必要です。

また、2010年に施行された総量規制によって、年収の1/3を超える借り入れはできなくなっています。

数万~数十万円程度の少額の借り入れをする場合、やはり消費者金融が便利ですが、大きな金額を借り入れるのは厳しいですので、そのときはカードローンを利用しましょう。

カードローンの審査の有利不利

カードローン会社の審査において、有利不利な条件はあります。

カードローン会社は、審査の際に安定度の高さを見ます。

例えば「収入が安定しているかどうか、住所ははっきりとしているか、過去に自社および同業他社からの借り入れの履歴があるかどうか」などが審査基準となります。

特に審査において有利な条件とされているのは、安定した職業に付いて収入を得ていることです。

そのため「公務員・大企業・中小企業・自営業・アルバイト」の順に評価が高いです。

さらに、勤続年数が長さも審査対象です。

住居も持ち家のほうが、賃貸より信用度が高く、居住年数が長いと評価が上がります。

2年以内の引っ越しが多いと、貸し逃れをされるリスクから懸念もされます。

また、他社からの借り入れがないことも重要です。逆に不利な条件とは、有利な反対の内容になります。

継続的な収入が審査基準に大きく影響する

収入の少ない派遣社員でも借りられる

収入も審査基準の1つですが、借り入れの額にもよりますが、継続して返済できることのほうが重要ですので、現時点の収入よりも過去から将来にかけての安定的な収入を重視する傾向にあります。

そのため、単純に収入の高い自営業者よりも、有名な企業に務めている会社員、最も有利なのはリストラがない公務員です。

また、同じ会社員であっても、正社員のほうが派遣社員よりも有利であり、派遣社員であるだけで借り入れが不可能な大手の金融機関もあります。

しかし、カードローンやキャッシングでは派遣社員でも全く問題ありません。

借り入れ可能額が正社員と比べると減額されることもありますが、特に融資額に差が設けられるなどなく、きちんと借りることができます。

居住年数と他社からの借り入れ

居住年数については「同じ場所に長期間在住=社会的に安定している」との考えから、短い期間で引っ越しを繰り返すような人は不利とされています。

ただ、過去の引っ越し回数を記載することはまれで、現在の住まいにおける居住年数のみです。

引っ越した直後の人や1年以内の人も多数いますので、そこまで重視されるような項目ではありません。

他社からの借り入れ履歴について、1番有利なのは過去に同業他社を含めローンの利用経験がないことで、利用履歴が多くなるにつれて条件的に不利になっていきます。

ただし、これも過去に利用履歴あっても、遅延なくすべて完済している場合は特に大きなマイナスにはなりません。

ちなみに、昔からある条件として「携帯電話のみよりも固定電話回線を引いている人の方が有利」というのがありますが、現在では固定電話を利用しない人が非常に増えているため、この条件が形骸化しています。

そのため、銀行などの古い慣習が残っているようなところからの借り入れでない限り、あまり気にしなくても問題にはならないでしょう。

当サイト人気カードローンランキング

第1位 アコム

実質年率:3.00% ~ 18.00%
借入限度額:800万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第2位 モビット
モビット
実質年率:3.00~18.00%
借入限度額:800万円
無利息期間:0日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第3位 静岡銀行カードローンセレカ

実質年率:4.0%~14.50%
借入限度額:10万円~500万円まで
無利息期間:45日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0