カードローンの審査について

審査する理由とは

銀行や消費者金融もお金を貸すにあたって、借主が貸したお金を返せる能力がある人かどうか、信用できる人かどうかを判断します。

ただし、友達に貸すわけではないので、人柄を信じて貸すというわけにはいきません。

その人の属性を客観的に見て、返済能力を推測し、貸しても良いかどうか判断するのです。

これが、銀行や消費者金融が、カードローンの申込者に行う審査になります。

銀行や消費者金融が審査の判断材料にするのは、実際にお客様が申し込み時に申告した情報です。

カードローンを申し込む時には、自分に関する様々な項目を申告しなくてはなりません。

お金を貸す前に、貸す相手の返済能力に関する事実を徹底的に調べ、後のトラブルにならないように確認することが審査の目的です。

審査の基準

カードローンの審査の基準は、各社でそれぞれ違いがあり、ブラックボックスとなっています。

しかし、審査に必ず使われる情報は決まっています。

審査のポイントになるのは、勤務形態、年収、勤続年数、居住形態です。

勤務形態

アルバイトよりも、正社員で定職に就いているほうが審査に通りやすくなります。

アルバイトでも申し込めますが、借入の限度額は少なくなることが多いです。

年収

融資額が大きくなければ年収が低くても融資を受けられる可能性があります。

また銀行カードローンの場合、総量規制の対象外となっていますので、年収の3分の1という基準が適用されません。

つまりある程度年収を得ている場合は、それだけ高額の融資を受けられる可能性も高くなります。

勤続年数

長く勤めていれば勤めているほど、転職のリスクが低くなるため、安定した収入を得ていると判断されます。

返済能力があると判断されるので、融資を受けられる可能性も高くなります。

居住形態・居住年数

銀行カードローンの審査では、居住形態は賃貸よりも持家のほうが融資を受けやすくなります。

しかし、賃貸であっても安定した収入があれば融資を受けられる可能性が高いため、それほど心配する必要はありません。

ただし、引越しを繰り返していると融資を受けにくくなるのが現状です。

加えて居住年数も重要です。

同じ家に長く住み続けていると、安定した生活が送られているという証明になり、社会的な信頼が上がるため融資を受けやすくなります。

短期で引越しを繰り返している場合は、融資を受けにくくなります。

1年以上の居住実績があれば問題ないとされているので、住んで日が浅い場合は1年待つ必要があります。

申し込み時の注意点

カードローンの申込時の注意点として、同じ時期に頻繁に別の会社のカードローンに申し込むと、審査に落ちてしまうことがあるので気をつけてください。

無担保・無保証人で申し込みできることから、手軽で便利なカードローンですが、その分申込者の返済能力が重視されます。

2社程度ならともかく、4社以上の複数申し込みをすると、返済負担が大きくなりすぎると考えられるため、いくつかの理由から審査に落とされる可能性は極めて高くなります。

複数申し込みが審査にどんな悪影響を及ぼすか、理由を見てみましょう。

総量規制に違反する可能性

消費者金融や、信販会社などの「貸金業者」が提供するカードローンは「貸金業法」の監督下にあります。

貸金業法には「年収の3分の1を超える金額の貸し付け」を禁じた「総量規制」という規制があり、これが複数申し込みに大きな影響を与えています。

総量規制は、貸金業者からの全ての借り入れに対する規制であり、貸金業者のカードローンへの複数申し込みが通ると、総量規制に違反する可能性が生じます。

総量規制に引っかからないことだけを考えるのであれば、審査結果が通知されて、その内容に応じて都度申し込みをすれば良いことになります。

しかし、総量規制以外の面でも複数申し込みにはデメリットがあります。

資金繰りに困っていると判断される

総量規制以外に、複数申し込みが審査に与える影響として、審査をおこなう担当者に「申込者は資金繰りに困って複数申し込みをしている」という印象を与えてしまうことです。

貸金業者は、信用情報を共有しており、担当者は申込者がいつどこの会社から借り入れしているかの履歴を確認することができます。

そのため、会社をまたいで何度も申し込んでいると、資金繰りに困っていたり借り逃げする人なのではないかと疑われます。

一度このような印象を持たれると、実際の返済能力に関係なく審査で落ちる可能性は高くなります。

審査の通過という視点で見ると、短期間での立て続けの申し込みはやはり審査に影響する可能性が高くなります。

既に審査落ちをしたのに新規申し込み

審査のときには本人が提出した書類とは別に、指定信用情報機関が収集・記録している「個人信用情報」も照会されます。

個人信用情報には申し込みから返済までの全ての内容が記録されているため、申し込み履歴はあるのに契約履歴がなければ「他社で審査に通らないほどの問題があった」と判断されて、審査に落ちる可能性は高くなります。

審査に落ちやすい人の特徴

人によっては、何度も審査に落ちてしまう人もいます。

そういった人はどういった理由で審査に落ちてしまうのか、審査に落ちてしまう人の特徴をご紹介します。

他社で返済遅延を起こしている

過去にカードローンやキャッシングを利用した経験があり、そこで3ヶ月以上の返済遅延(滞納)をしている人は、即座に審査落ちします。

一部でも返済を行っていたり、3か月以内に遅延状態を解消している場合は望みがありますが、これに該当する場合は申し込みを控えた方が良いでしょう。

クレジットカードの支払を滞納している

滞納が信用情報に傷を残すのは、キャッシングやカードローンだけではありません。

普段何気なく利用しているクレジットカード、うっかり支払いを滞らせていないでしょうか。

通常2~3ヶ月以上の滞納をするとクレジットカードそのものが利用停止となりますが、その情報は信用機関に登録されているので、カードローンやキャッシングで審査落ちする理由となります。

携帯料金を滞納している

スマートフォンの普及にしたがって増加しているのが、携帯料金の支払い滞納です。

もし携帯料金の滞納に心当たりがあるのであれば、銀行カードローンや消費者金融に申し込みするのは控えた方が良いでしょう。

意外に思うかもしれませんが、携帯料金の支払い遅れも金融トラブルとして信用機関に登録されているのです。

自己破産や債務整理をした

自己破産や過払い金請求といった債務整理は、金融トラブルとして信用情報の傷となります。

過去10年以内に債務整理を行った人は、新規にカードローンやキャッシングに申し込むのを控えた方が良いでしょう。

1ヶ月以内に3件以上申し込みしている

先ほども紹介しましたが、申し込みをすると信用機関にその情報が登録され、1ヶ月に3件以上になると「申し込みブラック」という状態になってしまい、審査落ちの原因となってしまいます。

申し込みを何度も繰り返してしまった場合は、少なくとも1ヶ月は間をおいて次の消費者金融の利用を検討しましょう。

その場合は「同じ金融機関への再申し込み」もNGです。

再申し込み自体は、できないワケではありませんが、高い確率で審査落ちになります。

他のカードローンを選ぶ

人気の特徴から選ぶ

  • 低金利カードローン
  • 無利息期間のあるカードローン
  • 銀行カードローン
  • 即日融資可能なカードローン