カードローンの返済方法について

返済方法の種類

カードローンの返済方式には、様々な方法があります。

今回紹介する返済方法は、どこで返済すればいいのかといったことではなく、

借りた側の状況に応じて、返済方法を選ぶことができます。

お金を借りた業者や借り方により異なります。

カードローンで多いのはリボルビング払いですが、一言でリボ払いといっても複数あり、なかなかわかりにくいもの。

一般的な返済方式や、リボ払いの種類、それぞれの特徴などを説明します。

元利均等返済

元利均等返済(がんりきんとうへんさい)とは、元金と利息の合計額が均等になる返済方法です。

毎回の返済額が一定のため、計画が立てやすい返済方式と言えます。

最初のうちは返済額に占める利息の割合が大きいため、元金返済のスピードは遅くなります。

そのため、元金均等返済と比較すると返済総額は大きくなります。

元金均等返済

元金均等返済とは(がんきんきんとうへんさい)毎月お支払いいただく返済額のうち、元金の額が一定です。

元利均等返済に比べて、元金の減少が早いため、総支払利息や総支払額が少なくて済みます。

また、元利均等返済よりも当初の返済額が多いため、借入時に必要な収入は高くなります。

分割払い

カードローンの分割払いは、借入した元金に最初から利息を足して、それを分割する回数に分けた金額を返済していくため、毎月の返済は一定になります。

毎月一定額の返済なので、計画的に利用できそうな気がしますが、金利が高めであることが多く、金利負担が大きくなりがちです。

リボルビング払い

リボルビング払いとは、借入した金額にかかわらず、毎月自分で指定した同じ金額で返済できる方法です。

また、毎月のお支払い日にかかわらず、銀行やコンビニのATMから「繰上返済」(臨時のお支払い)もできます。

カードローンの支払い方法では、主流と言っていいほど多く採用されている返済方式です。

毎月の支払額を一定にできるリボ払いは、管理がしやすく、急にお金が必要があるのに一括返済が難しい場合などに向いています。

支払いが一定なので、支払口座に入れておくべき額の予想が立てやすいです。

急に大きな請求が発生しないので「残高が不足していて、支払いができなかった」というような滞納トラブルのリスクを減らせます。

例えば、クレジットカードの引き落とし失敗が続くと、クレジットヒストリーに悪影響を及ぼす可能性もあります。

そういったことを避け、計画的に支払うためにも、リボ払いの仕組みは有効です。

しかしその一方で、リボ払いには手数料が発生し、実態としては「借金」に近いことを忘れてはなりません。

リボ払いを選択する際は、できる限り返済回数が少なくなるような方法を選んで手数料額をおさえるのが、リボ払いの賢い活用法と言えます。

他のカードローンを選ぶ

人気の特徴から選ぶ

  • 低金利カードローン
  • 無利息期間のあるカードローン
  • 銀行カードローン
  • 即日融資可能なカードローン