カードローンとは

カードローンの基礎知識

カードローンとはなんですかと聞かれると、多くの人は金融業者から借入をすることだと答えますが、他のローンとの違いや、キャッシングとの違いについて聞いて見ると、答えられる人は極端に少なくなります。

これは、カードローンや、その他教育ローンや住宅ローンなどの利用経験者に聞いても同じで、違いについて理解している人はかなり稀です。

それでは、カードローンは教育ローンやキャッシングなどとどこが違うのか、詳しく説明していきます。

カードローンはお金の貸し借りなので、シビアにものごとを考えないといけません。

知らないことが多ければ多いほど、大きな借金を抱えてしまうこともあります。

しかし、内容を理解していればカードローンと上手く付き合っていくことができます。

そのため、ここではカードローンの基本について詳しくお話します。

カードローンとは

カードローンとは、銀行や貸金業者などの金融機関から無担保でお金を借りることができ、分割で返済することが可能な融資のことです。

そのときに、ローン用のカードを作って利用することが可能なため「カードローン」と呼ばれています。

駅前などで見かける消費者金融の無人店舗では、このカードを利用することでお金を借りることができます。

普段使わないとわかりませんが、私達の身近なところで、いつでも利用できるようになっています。

カードローンは、銀行・地方銀行・信用金庫・信販会社・消費者金融など、さまざまな金融機関が提供しています。

各事業者で金利や返済方法、融資スピードなどが異なりますが、いずれも利用する際はカードローン会社の審査を受ける必要があります。

カードローン会社は、個人の年収や信用情報(過去に借入がある場合は返済の実績)をもとに審査を行い、金利や利用限度額(最大いくらまで借りられるか)を決定します。

なお、銀行カードローンには、専用のカードを発行せず、キャッシュカードにカードローン機能を付与するタイプもあります。

カードローンの特長

何度でも利用可能

カードローンは、限度額内の利用なら何度でも利用することができます。

住宅ローンや自動車ローンは、購入時に一定の金額の融資を受けたあとに、毎月分割で返済してきます。

そのため、一般的に何度も利用するために作られていません。

カードローンは、利用限度額の範囲内であれば、何度でも自由に借入することができます。

返済方法も様々な種類があり、元利均等方式や残高スライド制などに加え、金銭的に余裕がある時に追加返済も可能です。

返済方法も、消費者金融の専用ATM以外に、身近にあるコンビニのATMからも返済ができます。

このように、借入と支払いの自由度が高いことがカードローンの特長です。

限度額は年収の3分の1まで

カードローンの利用限度額についてですが、最大の限度額は年収の3分の1までと法律で定められています。

この法律を総量規制といわれ、過去に高金利で過度の貸付を行う事が横行し、破産する人が増えて問題となり、過剰な貸付を規制するために2006年に制定されました。

この仕組みは、下記のような貸金業者が対象になります。

  • 消費者金融
  • 信販会社
  • クレジット会社

また、対象の企業間で借入情報を共有しているため、1社ごとに年収の3分の1のルールが適用されるのではなく、全てまとめて年収の3分の1までが限度額という計算になります。

キャッシングとの違いについて

カードローンのほかに、キャッシングという言葉も非常に多く使われています。

現在ではこの2つの言葉の間に、明確な違いがなく同じ意味で使われています。

元々キャッシングは、クレジットカードに備えついている場合が多く、ショッピング時のカード払いで使うショッピング枠を利用されていました。

しかし、近年借入専用のキャッシング枠というものが出てきたため、カードローンと同じ使い方ができるようになっています。

無担保で利用できるという点も、カードローンと同じです。

返済方法も、過去はキャッシングは翌月一括払いしかありませんでしたが、最近ではリボ払いや分割払いにも対応しており、カードローンとの違いはありません。

違う点を上げるとすれば、キャッシングの場合は利用できる上限金額がカードローンより少ないケースがほとんどです。

例えば銀行カードローンの場合、数百万まで借りることも可能ですが、キャッシングの場合は信用情報にもよりますが、最大でも50万円までが限度です。

何度か返済することで限度額の枠も広がりますが、初回の限度額という点ではカードローンの方が幅が大きいという違いがあります。