キャッシングとはどんな意味なのか

キャッシングとクレジットの違い

ちょっとした急な出費があるのに、お金が用意できないときは、キャッシングを利用することで対応することができます。

キャッシングでは、借入に専用のカードを使用します。

審査に合格すると、借入専用のカードが発行されますので、そのカードをATMやキャッシュディスペンサー(現金自動預け払い機)に投入して、現金を引き出すことで借入が成立します。

財布の中に、たくさんのカードを保有されている方も多いのではないでしょうか。

その中の「クレジットカード」と「キャッシング」の違いについて説明していきます。

キャッシングとは

急な出費、手元のお金が足りない場合に役立つのが「キャッシング」です。

日本でキャッシングを利用されている方は、1,300万人以上いるといわれています。

この数字を見て、10人に1人以上の方が利用している「キャッシング大国」と表現する人もいます。

気がつけば、わたしたちの生活に馴染んでいる存在と言えるでしょう。

「キャッシング」とは、個人向けの小口融資のことです。

個人向けなので、法人や個人事業主の営業資金としては利用できません。

また、パチンコや競馬などのギャンブルや、株式投資などの投機性資金としての利用も禁止されています。

借りることのできる金額は、数十万円単位から数百万円単位の小口ですが、中には1千万円以上利用できる、大口のキャッシングも商品化されています。

それでは、キャッシングの特徴はどのような点なのか、解説していきます。

借入限度額がある

キャッシングには、利用できる借入限度額が設定されています。

借入限度額に空き枠があれば、基本的にいつでも自由にお金を借りることができます。

一度借入を利用しても、返済により借入限度額に空き枠が生じれば、いつでも自由に追加で借入することができます。

金銭契約は「当座貸越契約」と呼ばれる方式で契約を行います。

資金使途が問われない

借入限度額の範囲内であれば、借りたお金はある程度、利用者の裁量により使うことができます。

お金の使い道(資金使途)が自由な点も、キャッシングの特徴です。

ギャンブルや投機性資金目的でなければ、何に使うのか借入都度申告する必要もありません。

旅行代金・書籍購入・生活資金の足し・飲み会代などそれぞれ自由に使うことができます。

無担保・無保証

小口融資であるキャッシングは、基本的に「無担保・無保証」です。

借入に際して、担保を提供したり、保証人を準備する必要はありません。

逆にいえば、担保や保証人に頼った利用はできないということです。

あくまで、利用者本人の収入が大切になってきます。

他の個人融資に比較して、手軽に利用できるのもキャッシングの特徴です。

資金使途が自由な分、借入申込時の提出書類も少なく、手続きも簡単に行うことができます。

審査時間も短く、早ければ30分程度で結果を知ることができます。

申込みから契約・借入まで早ければ1時間程度で済ませることができるのです。

申込みを行った、その日に融資を受ける「即日融資」を売りとしたキャッシングも多く商品化されています。

普段の生活でも、利用する機会の多い「クレジットカード」と「キャッシング」の違いを正確に説明できる人はあまり多くいません。

そのため、キャッシングについて自分に合った物を選ぶことができていない人が増えています。

キャッシングはお金を借りる

キャッシングとは「お金を借りる」ことを指します。

冒頭で述べたように、借入専用のカードで直接お金を借りることを意味します。

最近では、カードを使用しないで、指定した金融機関の口座に融資金を振り込むことのできるキャッシングも増えています。

インターネットや、電話から簡単に申込みができ、多忙な方でも安心して利用できるようになっています。

いずれにしても、直接お金を借りることには変わりありません。

クレジットカードはお金を立て替える

クレジットカードは、お金を借りるのではなく、商品購入時にカードを提示して支払い代金を立て替えることを指します。

その代金は、クレジットカードを発行している信販会社などが立替、後日会社を通じて利用者に代金が請求される仕組みです。

また、公共料金や携帯電話代金の支払いなどにも利用できます。

返済方法は通常翌月一括返済ですが、リボ払い(分割返済)などを指定することもできます。

リボ払い(分割返済)の場合には一定の手数料(利息)を支払う必要があります。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードは代金を「立て替える」カードなので、直接お金を借りることはできません。

ただし、最近のクレジットカードには「キャッシング枠」が付与されているカードも増えています。

代金立替の「ショッピング枠」とは別に、お金を借りることのできる「キャッシング枠」が設けられています。

この「キャッシング枠」を使用すると、ATMやキャッシュディスペンサーでお金を借りることも可能です。

通常はクレジットカードの申込み時に、キャッシング枠を設定するかどうか確認されます。

申込書などにチェックを入れるなどして、意思表示を行うようになっていますので、必ず確認するようにしましょう。

キャッシングの申し込み方法

キャッシングの利用を考えた場合、どのように申し込みを行うのでしょうか。

現在のキャッシングには、利用者の状況に合わせられるように、様々な申し込み方法が準備されています。

そのため、自分の都合の合う時間帯や、場所などが原因で不便を感じないように、自分に合った方法を選択できるようになっています。

利用を検討しているキャッシング会社に、どのような申し込み方法が準備されているのか確認し、しっかりと比較するようにしましょう。

店頭で申し込み

キャッシング会社の店頭を訪問して直接申し込みを行います。

その場で担当者と顔を合わせながら相談できますので、キャッシング借入の悩みや問題を解決することができるでしょう。

審査完了時間は最短で30分程度ですので、ちょっと時間をつぶすことでそのまま契約を行うことも可能です。

契約後は店頭に設置されている、ATMやCDから借入を利用することができます。

無人契約機で申し込み

消費者金融や、一部の銀行にみられる無人契約機を訪問して申し込みを行います。

無人とはいっても、内部はしっかりモニタリングされているので、決してやましい気持ちにはならないでください。

不審な行動は慎むとともに、服装などにも注意しておきましょう。

タッチパネル操作で、簡単に申し込みを進めることができます。

利用に際しての問題点は、専用電話で担当者と相談することも可能です。

審査完了後、その場で契約を行いカードが発行されます。

脇に設置されているATMや、キャッシュディスペンサーで借入を利用することができます。

インターネットで申し込み

キャッシング会社のホームページにアクセスして、申し込みを行います。

実は、最近主流となっている申し込み方法です。

通常は24時間365日受付対応しており、日中多忙な方でも自宅に居ながらじっくり申し込みを行うことができます。

いくつかの必要事項を入力するだけで瞬時にある程度借入可能かどうか判断する「簡易審査」などのツールも導入されていますので活用しましょう。

本人確認書類や収入証明書類などの必要書類もパソコンに取り込んで画像化し、メールなどで送信します。

審査結果もメールなどで回答され、そのまま契約を行うことも可能です。

借入カードは自宅に郵送される他、店頭や無人契約機で受け取ることもできます。

また融資金を指定した金融機関の口座に振り込むこともできます。

対応方法は各社で異なっていますので、必ず事前に確認しておきましょう。

ネットで申込める無利息キャッシング


実質年率:4.0%~14.50%
借入限度額:10万円~500万円まで
無利息期間:45日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0

キャッシングの利息とは

キャッシングで、お金を借りるのに一番気になるのは、利息の問題でしょう。

キャッシングを提供する側としても、利息が収益源となるだけに仕方のないところです。

まずは、利息とは何なのか考えてみましょう。

キャッシングにおける利息とは、お金を借りる場合の「手数料」と言われています。

一定期間、お金を借りるかわりに「利息」という手数料を支払うわけです。

そして、借りたお金に対して、どれだけの利息が発生するのかを決めるのが「金利」です。

金利の表現には「年利」「月利」「日歩」などがあります。

それぞれ借りたお金に対して「1年間で何%」「1ヶ月で何%」「1日で何%」の利息が発生するのかを示しています。

現在のキャッシングでは、通常「年利」が用いられています。

また、法律上は「実質年利」を使用することが求められています。

個人ローンでは、利息以外に様々な手数料が発生することがあります。

「事務手数料」「ローン保証料」といった各手数料を利息以外に支払わなくはいけません。

キャッシングで用いられる「実質年利」とは、これらの手数料を全て含んで計算する、というものです。

利用者側としては、費用負担が分かりやすいといえるでしょう。

ただし、提携ATMの利用手数料などは別途負担する必要があります。

「実質年利」ではなく、単に「年利」とだけ表示されている金融業者には注意しなくてはいけません。

一見低金利に見えますが、利息以外に多額の手数料などが請求される恐れがあります。

金融営業に関する法律を順守していない、いわゆる「闇金」である可能性が高い業者です。

暴力団関係者が出入りしている事務所もありますので、決して関係をもたないようにしましょう。

無利息キャッシングとは

キャッシングを利用する場合には、必ず利息を支払う必要があります。

しかし、中には「無利息」で利用できるキャッシングも存在していることを御存じでしょうか。

文字通り「利息0円」で借りることのできる、無利息キャッシングについて解説していきましょう。

キャッシング会社の中には、顧客サービスのひとつとして「無利息キャッシング」を提供している先があります。

もちろん、無制限に無利息で融資していたのでは商売が成り立ちません。

ほとんど貸金業者は「初回利用者」を対象にして、無利息サービスを提供しています。

キャッシングの利用者は、一度契約したキャッシングを繰り返し利用する傾向があります。

返済により借入限度額に空き枠が生じれば、基本的に何度でも繰り返し借入することができるためです。

そこで、初めての利用時に無利息を提供することで、顧客を獲得しようとする営業戦略が始まりました。

もちろん、初回とはいえお金を借りるのに利息なしで利用できることは、利用者側にとっても便利なサービスです。

無利息期間は取扱各社により異なっていますので、事前に確認するようにしましょう。

1週間、30日、180日といった無利息期間が決められていますので、自分の都合に応じた先を選ぶようにしましょう。

無利息キャッシングの注意点

「初回利用者」以外にも、無利息で借入する条件が付与されている貸金業者もあります。

メールアドレスの登録や、会員登録といった条件をクリアしなければいけません。

通常は簡単に満たすことのできる条件ですので、忘れないようにしておかないといけません。

また、無利息が「いつから開始」されるのかも、必ず確認しておきましょう。

一般的な貸金業者であれば、次の2通りが考えられます。

  • 借入契約時から
  • 借入開始時から

借入契約時からの場合は、実際に借入を行わない場合でも契約が完了すれば、無利息期間がスタートすることになりますので注意が必要でしょう。

無利息期間の経過

無利息期間が経過すると、当然通常の利息が発生します。

それどころか、一般的に「無利息期間=返済期間」となっていますので、無利息期間の経過とともに延滞利息が発生することになります。

延滞利息は、通常の利息よりはるかに高く(ほとんどは法律の上限金利である20.0%)、日割り単位で計算されます。

わずかな遅れでも多額の負担となりますので、注意しましょう。

キャッシングの審査とは

キャッシング会社は利用者から申し込みを受け付けするとすぐに審査を行います。

貸したお金が(利息を含めて)きちんと返済されるかどうか、利用者にその能力があるかどうかを判断するのが審査の目的です。

審査基準は一般的に公表されず、またキャッシング会社により基準が異なります。

しかし、審査の目的を考えてみると、ある程度どのような基準で行われているのかを想像することは可能でしょう。

また、キャッシング無審査には気をつけて下さい。

  • 無審査でお貸しします
  • 誰でも即融資可能
  • ブラックでもOK

このような宣伝を掲げている金融業者も存在しています。

一見魅力的な会社に思えますが、惑わされないように注意しなければいけません。

融資を受けることができるかわりに、高額な利息や手数料を請求される結果になります。

このような金融業者は、いわゆる闇金といわれる存在です。

暴力団関係者が出入りしている事務所もありますので、決して関係を持たないようにしましょう。

闇金などの悪徳業者は、巧みに消費者心理をついてきます。

  • どうしても借りたい
  • 他社で否決になったけど、ここなら借りることができるかも

このような消費者の苦しい心理に付け込んで、甘い条件を出して勧誘してきます。

極端に低い金利を提示している先にも注意が必要です。

「適用金利1%台」「金利負担0円」などという条件には、まず裏があると考えるようにしましょう。

一般的なキャッシングの金利は低くても3%台となっています。

これ以上低い金利で貸し出すことは、会社側の利益に反映されないためです。

一見低い金利に見えますが、後から「手数料」「保証料」といった名目で費用負担を求めてくるのが常套手段です。

貸金業登録番号を確認する

このような悪徳業者を見極める手段として有効なのが「貸金業登録業者」であるかどうかを調べることです。

貸金業者は、都道府県または財務局から必ず営業許可を受け、「貸金業登録番号」の交付を受ける必要があります。

日本貸金業協会のホームページなどで、名簿確認を行い「貸金業登録番号」が発行されている業者かどうかを確認しましょう。

当然この番号が登録されていない業者は、違法業者となるので速やかに所轄に報告するようにしましょう。

おすすめカードローンランキング

第1位 静岡銀行カードローンセレカ

実質年率:4.0%~14.50%
借入限度額:10万円~500万円まで
無利息期間:45日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0

第2位 キャッシングアロー

実質年率:15.00%~19.94%
借入限度額:1万円~200万円まで
無利息期間:0日
即日借入:◯
満足度:★★★★☆ 4.0

第3位 ユニーファイナンス

実質年率:12%~17.95%
借入限度額:1万円~300万円まで
無利息期間:0日
即日借入:◯
満足度:★★★★☆ 4.0