キャッシングとはなにか

キャッシングとはなにか

キャッシングとは、事前の申し込みやクレジットカードなどのキャッシング機能を使って、お金を借りることです。

お金を借りるということは、借金をするということなので当り前ですが、返せる見込みのないキャッシングはすべきではありません。

とはいえ、どうしてもお金が必要になる時はあるものです。

最近では、銀行のキャッシュコーナーでお金を引き出す時も、手数料がかからないケースが増えてきています。

土日や長期連休の時などは、多くの場合手数料がかかります。

わずかな金額でも、お金を無駄にしたくないという場合には、キャッシングの方がお金がかからないケースが考えられます。

お金がかからないキャッシングとは、もちろん利息がつかないでお金を借りることができるということです。

たとえば翌日に返済できる場合には、利息が数円で済むこともあります。

銀行の引き出し手数料は、108円~216円くらいが平均ですので、お得だと言えます。

またCMでおなじみの、1週間無利息で借りられるような消費者金融もありますので、どうしてもという切羽詰まった状況の時には、ひとつの候補として検討してみるのも良いかもしれません。

その他には、銀行のキャッシュカードにクレジットカード機能が付いている場合、その銀行のATMでキャッシングができます。

ただしこの機能は、カード作成時にキャッシング利用を付加している場合に限ります。

利息については銀行によって違うので、しっかりと確認してから利用するようにしましょう。

銀行からだから安心という考えは甘い

消費者金融ではなく、銀行からの借入だから金利も安くて安心、という安易な考えでは失敗することもあります。

お金を借りるということを、あまり簡単に考えない方が良いでしょう。

いずれにしても、本当は手元にないお金を手にするというのは、危険でもあります。

手にした瞬間に、自分のお金だと勘違いしてしまう人もいますので、人生や家族を失わない様に、責任を持って利用するようにしましょう。

キャッシングに限らず、クレジットカードで買い物をする場合でも同じことです。

何か欲しい物がある時、本当に欲しい物なのか、今でなくてはいけないのかを検討した上で、判断する様にしましょう。

他にも、飲み会などに誘われた場合も同じことが言えます。

どんな状況であれ、手持ちがない時にお金が必要になった場合は、今は買わない方が良いというお告げだと受け取り、給料日まで我慢するのです。

我慢してやっと手に入れた時は、キャッシングをして手に入れた時よりも、喜びが大きいはずです。

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとは、一般的にクレジットカードに付帯しているキャッシング機能を使って、ATMなどからお金を借りることを指します。

借入限度額は数万円から数十万円と少ないことが多い小口融資です。返済方法は、翌月一括払いや残高スライドリボルビング払いで金利は高めなのが一般的です。

一方のカードローンは、主に銀行やノンバンクが発行するカードを使って、ATMなどで引き出す、または指定の金融機関の口座振込でお金を借りることを指します。

あらかじめ審査結果に応じた借入限度額の範囲内で原則何度でも借りられます。

借入限度額は十数万円から数百万円と高額な場合が多いです。

返済方法は、残高スライドリボルビング払いか毎月の分割払いが多く、金利はキャッシングに比べてやや低いのが一般的です。

キャッシングとカードローンの大きな違いは、返済方法と金利です。

キャッシングは、翌月一括払いや残高スライドリボルビング払いで、金利は高めと言われています。

カードローンは、分割払いや残高スライドリボルビング払いで、金利は低めということです。

キャッシングは、クレジットカードが発行された時点からいつでも利用できるので、急場のときはつい利用してしまいがちという方もいると思います。

しかし、金利が高めなこと、返済は一括払いが多いことを考えると、それだけに頼るのは避けたいものです。

カードローンを利用した方が金利負担が軽減される場合もあるので、自分に合った借り方を見つけましょう。

自分に合った借り方とは

自分が持っている、クレジットカードのキャッシングの返済方法と金利を確認してください。

最近は、キャッシングでも金利が低かったりするクレジットカードがあります。

金利が低く、一括払いであれば、キャッシングでもいいでしょう。

ただし、翌月一括払いでも、以後の生活に支障がないことが前提です。

複数枚のクレジットカードを持っている場合は、一括払いでより金利が低いクレジットカードのキャッシングを利用しましょう。

もし、キャッシングの金利(実質年率)が15%以上と高く、残高スライドリボルビング払いしかない場合は、カードローンのカードを作っておくのも手です。

中には、翌月一括払いができ、金利も低いカードがあります。

選ぶ際のポイントは、年会費や手数料などの維持費が無料のカードを選択するとよいでしょう。

いずれにしても、キャッシングやカードローンは、一時的な借り入れにとどまるようやりくりをしましょう。

即日でお金を借りれるキャッシングサービス


実質年率:4.0%~14.50%
借入限度額:10万円~500万円まで
無利息期間:45日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0

キャッシングの種類と特徴

キャッシングは「対象・目的」による分類と「貸し手(借入先)」によって分類することができ、それにより特徴が異なります。

まずは、キャッシングの種類を「目的・対象」と「借入方法」に分けてそれぞれを解説していきます。

「対象・目的」によるキャッシングの分類

大きく「個人」を対象とする「個人向けキャッシング」、次いで個人事業主や、法人などを対象とする「商工ローン」、最後に保証人や担保を必要とする「有担保ローン」の三種類があります。

この主に解説するのは、最初の「個人向けキャッシング」ですが、大雑把にこれら三種類の特徴も知っておきましょう。

個人向けキャッシング

最も一般的なキャッシングの方法で、私達が普段使うことができる一番身近なキャッシング方法のことを指します。

限度額は10万円程度から、数百万円までと幅広く設定されています。

ATM、店頭などで短時間の審査でキャッシングが利用できます。

保証人・担保不要の「無担保ローン」ですが、その分適用される金利水準は有担保ローンよりも高くなります。

商工ローン等のビジネスローン(キャッシング)

個人事業主・法人を対象にしたキャッシングのことを指します。

ただし、一般的にはローンと呼ぶことの方が多いです。

利用限度額が数百万円以上と高額設定されていることが多く、金利も個人向けキャッシングより低めに設定されています。

一方で、経営者やその家族などを保証人にしたり、自宅などの不動産を担保として求められることが多いです。

個人向け有担保ローン

個人でも「担保」を出すことによりより低金利、大型のキャッシングを行うことが可能です。

不動産を担保とする場合には、不動産担保ローンとも呼ばれています。

株式などの有価証券を担保とする場合には「証券担保ローン」などと呼ばれます。

どちらの場合でも「担保」を入れることで貸し手のリスクが減りますので、お金を借りやすく、また低金利で利用可能です。

借入先によるキャッシングの分類

貸し手によってもキャッシングサービスの内容は異なります。

大きく「銀行カードローン」「消費者金融によるキャッシング」「クレジットカードのキャッシング枠を利用するキャッシング」に分類できます。

ちなみに、これから紹介する内容は上記で説明している「(無担保)個人向けキャッシング」の詳細な分類となります。

銀行カードローンによるキャッシング

最近では、銀行も個人向けのキャッシングに対してかなり前向きになっています。

銀行によるキャッシングは、限度額がかなり大きめに設定されていることが多く、金利も他のキャッシングと比較して低くなっています。

その代わり、審査については他のキャッシングサービスよりは厳しく設定されています。

また、最大の特徴の一つとして2010年6月より開始された「総量規制」の対象外という点も挙げられます。

消費者金融によるキャッシング

消費者金融の場合、審査は他のキャッシングより甘いが「小口融資」が基本となるので限度額は10万円~50万円程度と低めであるのが一般的です。

また、金利も銀行のカードローンよりも高く設定されています。

特徴としては審査が簡単、即日融資が可能といった点が挙げられます。

近年では競争の激化に伴い、高いといわれていた金利もかなり見直しされて、低金利でのキャッシングを提供する消費者金融も増えています。

クレジットカードによるキャッシング

クレジットカードには「ショッピング限度枠」と「キャッシング限度枠」という二つの枠があります。

この内「キャッシング限度枠」という範囲であれば、クレジットカードを利用することで「キャッシング」としてお金を借りることができます。

金利はかなり高めなので、短期利用と割り切って利用するようにするのが一般的です。

ちなみに、クレジットカード会社の場合「キャッシング」と「カードローン」という言葉を明確に分けていることが多いです。

キャッシング(翌日一括返済)、カードローン(分割・リボ払い)となっていることが多いようなので、注意してください。

銀行カードローンは審査が厳しいが恩恵も大きい

銀行によるカードローンは、審査が消費者金融によるキャッシングと比較すると厳しくなっています。

そのため、比較的条件的に恵まれている必要があります。

一方で、その分銀行によるキャッシングやカードローンには大きなメリットもあります。

カードローン金利が安い

銀行によるカードローンは、金利が消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠による借入よりも、低くなっているのが一般的です。

低い金利で借り入れをすることができるのは、利息負担を抑えることができ、大きな節約につながります。

借入可能な限度額が消費者金融よりも大きい

銀行におけるキャッシングは、限度額が数百万円という単位で設定されることがあり、大きなアドバンテージとなります。

銀行系のキャッシングに借り入れ枠をもっておけば、他の高い金利の業者を利用する必要がなくなります。

総量規制の対象外となる

2010年6月から施行された「総量規制」では、年収の1/3までしか借入をすることができません。

たとえば年収四百万円の人なら、約130万円が上限の借入となってしまいます。

しかし、銀行によるキャッシング・カードローンは「総量規制」の対象外となりますので、余分な借入枠を手にすることができるわけです。

銀行によるキャッシングと銀行系キャッシングは違う

最近は大手の消費者金融会社も○○銀行グループと謳っておりますが、銀行のよるキャッシングと「銀行系キャッシング」には大きな意味の違いがあります。

銀行によるキャッシングは、○○銀行が直接の貸し手となるキャッシング(カードローン)ですが、「○○銀行グループの××キャッシング」というは、あくまでも貸し手は銀行ではない「××キャッシング」という消費者金融会社となります。

当然ですが、○○銀行グループ××キャッシングは「総量規制の対象」となります。

最近は、こうした総量規制による影響を嫌い、それまではいわゆる「消費者金融」であったキャッシングサービスが、銀行の一部門となるケースも増えています。

たとえば「レイク」などは新生銀行グループのキャッシングサービスでしたが、現在では新生銀行内のカードローンサービスとなっています。

消費者金融によるキャッシング

消費者金融の場合、審査は他のキャッシングよりも甘くなる「小口融資」が基本となるので、限度額は10万円~50万円程度と低めであるのが一般的です。

また、金利も銀行のカードローンよりも高く設定されています。

特徴としては審査が簡単、即日融資が可能といった点が挙げられます。

近年では競争の激化に伴い、高いといわれていた金利もかなり見直しされて、低金利でのキャッシングを提供する消費者金融も増えています。

消費者金融はハードルが低めに利用出来る

消費者金融によるキャッシングは、審査が銀行キャッシングなどと比較すると簡単で、多くの業者では「即日融資」を謳っているとおり、素早い利用が可能な点が特徴です。

早いところでは、数分で審査結果を出してくれ、申込から1時間程度で融資を受けることができる業者もあります。

金利についても、以前は出資法制限ギリギリの高い金利を設定していた消費者金融も、現在では金利はかなり抑えられてきています。

業者によっては、1ケタ台の金利で提供しているところもあり、ここまで安くなると「銀行によるキャッシング(カードローン)」との差がほとんどなくなってきています。

業者によるサービスなど特徴がある

消費者金融によるキャッシングには、業者によって様々な特徴的サービス、キャンペーンなどがあるのが特徴です。

こうした点は、キャッシングを利用する上で、大きなメリットでもあります。

即日利用できる場合もある

消費者金融のキャッシングサービスはその「スピード」が魅力です。

多くの融資・ローンは審査を必要とし、その審査には数日かかることもザラではありません。

その一方で、消費者金融はこうした審査をかなりスピーディーに行います。

タイミングにもよりますが、即日融資が可能なキャッシングも多数あります。

即日融資可能なキャッシング比較

一定期間無利息サービス

一部の消費者金融では、キャッシングの利用者に「○日間の間は無利息」といったサービスを提供しているところもあります。

こういった場合、その優遇期間の間なら無利息でキャッシングを利用できます。

本当にちょっとした期間のキャッシングなら、非常にお得です。

たとえば、時間外に銀行でお金を下ろす手数料は210円くらいかかりますが、キャッシングでお金を借りて翌日返せば、金利手数料0円(無料)で利用できます。

複数回利用による金利引き下げサービス

ある業者では、過去の利用回数などでキャッシングする利息(金利)を引き下げるようなサービスを提供しているところもあります。

これは、複数回しっかりと返済することで、貴方の信用度が上昇したことで与信枠が上昇し、結果的に利息(金利)が低くなるわけです。

おすすめカードローンランキング

第1位 静岡銀行カードローンセレカ

実質年率:4.0%~14.50%
借入限度額:10万円~500万円まで
無利息期間:45日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0

第2位 キャッシングアロー

実質年率:15.00%~19.94%
借入限度額:1万円~200万円まで
無利息期間:0日
即日借入:◯
満足度:★★★★☆ 4.0

第3位 ユニーファイナンス

実質年率:12%~17.95%
借入限度額:1万円~300万円まで
無利息期間:0日
即日借入:◯
満足度:★★★★☆ 4.0