キャッシングアロー|審査に通りやすいカードローン

アローのカードローン

アローのフリープランは、使用意図自由なお金が即日融資で手に入るとても便利なキャッシングサービスです。

そのアローの長所といえば、なんといっても審査が通りやすく、かなり柔軟であることです。

このかなり柔軟という点で、アローは「過去に自己破産・債務整理された方も、まずはご相談下さい」と公言しています。

大手の消費者金融では、過去に自己破産・債務整理された方は、信用情報機関に金融事故を起こした人物として登録されるため、5年間はブラックリストに載ったままになってしまいます。

そのため、審査をした時点で確実に落ちてしまうため、アローのように事故情報が載った人にお金を貸す例は殆どありません。

特に闇金ではない、貸金業務の許可を正式に得ている業者で借りられるところはないため、かなり珍しい消費者金融業者となっています。

なお、闇金のような違法な取り立て行為や、法外な金利を取ることはないため、アロー自体はクリーンな企業です。

アローのキャッシングについて

アローに申し込もうという方のほとんどが、別の消費者金融や銀行キャッシングの審査に落ちてしまい、もっと審査基準が優しい業者を利用してお金を借入れたいと思っている方なのではないでしょうか。

アローは2000年に設立された、消費者金融業者の中でも若い会社であるということもあり、その時々に応じた借入が出来る会社です。

そのため、お金を貸す相手がお金を返すことが出来るようであれば、過去に債務整理などの記録によって、信用情報が傷ついてしまっている人でも、お金を借入れることができます。

キャッシングアローに申込む



実質年率 15.00%~19.94%
借入限度額 1万円~200万円まで
無利息期間 0日
即日借入
満足度 ★★★★☆ 4.0

審査の基準

公表されている申し込み不可の項目に該当している場合、基本的にはアローの審査にも落ちてしまいます。

アローの公式ホームページ「新規お申し込みフォーム」には、下記の注意事項の記載があります。

  • 未成年及び66歳以上の方はご契約できません
  • 健康保険未加入の方はご契約できません
  • 無職の方はご契約できません
  • 現在、他社のご返済が遅れている方はご契約できません
  • 自営業者の方で確定申告等年収証明が提出できない方はご契約できません

上記内容に該当している場合はアローの審査に落ちてしまいます。

年齢制限

未成年の方、66歳以上の方はアローに申し込みできません。

未成年の方は仕方がないのですが、66歳以上の方は姉妹サイトのお金を借りる相談所の「65歳以上のキャッシング」で70歳まで利用できる消費者金融を紹介しているのでご覧ください。

健康保険未加入

金銭的な理由で健康保険証をお持ちでない方もいらっしゃると思いますが、アローでは健康保険未加入の方は審査に通りません。

国民健康保険は、お金がないと事情を話せば1ヶ月限定で使える保険証を数千円で発行してくれるので、最寄の市町村役場で相談してみましょう。

無職

アローに限らずどこの消費者金融でも安定した収入があることが申し込みの条件となっているので、無職の方が審査に通ることはありません。

無職ではダメですが、働いていればアルバイト・パート、派遣社員、契約社員、請負社員など正規・非正規は問わないのでまずは仕事を見つけてから申し込みをしましょう。

他社の返済が遅れている

他社の返済が遅れている場合もアローに限らずどこの消費者金融でも審査に通ることはありません。

まずは返済が遅れている状態を解消してから申し込みをする必要があります。

自営業者の方

自営業者の方は収入を証明する書類の提出が必要となります。

一般的には確定申告書の控えを利用します。

確定申告をしていない場合は、収入を証明する手段がないので審査に通る可能性が低くなります。

勤続年数が短い

消費者金融の審査では、年収の額よりも勤続年数の方が重要視されます。

そのため勤務をはじめてから1年程度がたってからでないと一般的な消費者金融での審査には通りづらくなっています。

アローの場合でも最低半年くらいの勤続年数がないと審査に通るのは厳しくなっています。

アローで申し込むメリット

審査は最短30分

キャッシング申し込み後の審査は、スカイオフィスやエフォートコーポレーション同様、最短で30分という速さで終了すると言われています。

勿論それぞれの属性や審査状況によっては前後することもありますが、審査の速さを売りとしていますので、手続きの速さには期待が持てそうです。

事故情報に載っていても柔軟に対応

柔軟な審査という点でも、高評価を得ているのがアローだと、先ほと記述したとおり事故情報に載っていたとしても、返済の目処がたつようなら借り入れが可能です。

過去に、自己破産などの債務整理を行った方や、延滞履歴のある方など、個人信用情報に問題があっても申し込むことが可能です。

他では借りられなかったという方でも、アローなら審査に通過し、融資が可能となる場合もあります。

ただし、過去にキャッシングアローで延滞した経験がある方や、無職の方、現在他社の借金を滞納中の方は、今後の返済能力に懸念が残る方は審査に通りづらくなってしまいます。

その点は、先ほど記述したアローの審査基準を確認してください。

そのため、進行中の延滞は解消し、無職の場合は何か仕事に就き、少額でも収入を得られるようにするなど、目の前の問題を解決してから申し込みを行うことが審査通過への近道となるでしょう。

アローのカードローンの種類

アローが提供しているカードローンは3つあり、それぞれ利用額によって内容も若干違ってきます。

ここでは2つのローンの特徴について説明していきます。

1dayダイレクト

個人向けの小口の融資となり、キャッシングアローでは一番利用されているサービスです。

金利は高めですが、少額の借り入れ希望の場合はこちらを利用するといいでしょう。

他で審査に落ちたことがある人が、利用することが多いです。

なお、基本的な年利や限度額は以下のとおりです。

  • 実質年利:18.0%~20.0%
  • 借入限度額:1万円~100万円未満

ビッグフリーローン

こちらは、アローが用意している大口の融資となります。

個人でも借りることができますが、個人以外でも法人や個人経営の事業者も利用しているカードローンです。

基本的な年利や限度額は以下のとおりで

  • 実質年利:12.6%~15.0%
  • 借入限度額:100万円~300万円

借入限度額は100万円以上~となりますが、金利はかなり低く設定されていますので、他社の高金利の借り入れをこちらに借り換えるとお得になるかもしれません。

特に、審査に落ちる人は返済能力に疑いを掛けれています。

そのため、他に借りることができる会社に行くともっと高金利で借り入れしなければいけないケースも多々あります。

アローのおまとめローン

アローのおまとめローンは、総量規制の対象外となるサービスです。

他社からの借金ををまとめるための利用であれば、収入の3分の1以上の借り入れも可能となります。

上限は500万円と高額になっていますし、利率も他のフリーローンに比べ低めに設定されているので、他社から高金利で借り入れしている場合は、こちらのローンに借り換えることで返済額を上手に抑えることができるかもしれません。

また、ローンを1本化することで、借り入れ内容を把握しやすくすることが出来、さらに今後の返済計画も立てやすくなるでしょう。

なお、基本的な年利や限度額は以下のとおりです。

  • 実質年利:5.0%~15.0%
  • 借入限度額:50万円~500万円

アローの欠点

電話料金が掛かる

電話で問い合わせる際や、申し込みを行う場合、FAXを送信する際にも、フリーダイヤルがないので通話料金がかかってしまいます。

申し込みの際は、基本的にWEBからの申し込みになりますが、何かしらトラブルや疑問点が合った際に電話すると電話料金がかかってしまいます。

大手消費者金融との違いの1つとしてこういったことが挙げられます。

即日の申込方法が限定

即日キャッシングを利用する際、WEB申し込みではなく、電話申し込みか来店による申し込みのみとなってしまいます。

キャッシングアローの営業時間は平日の10時から18時となっており、土曜日は営業していません。

平日働いている会社員や学生の方にとっては不便です。

また、来店の申込みの場合はアローの本社がある名古屋周辺にしか店舗はありません。

そのため、都内在住者や地方の人は来店による即日キャッシングができません。

リボルビング契約ではない

大手の消費者金融のように、限度額内で、借り入れや返済を何度も繰り返すと言うリボルビング契約は行っていません。

そのため、1度借り入れすると、ある程度の返済が終わらなければ、増額で借り入れすることができません。

来店を依頼されることも

インターネットから申し込みをしたのに、本審査の為に来店するよう依頼される場合があります。

審査状況により対応も違ってくるようですが、自宅から店舗が遠い場合来店を依頼されてしまうこともあります。

また、せっかく小口融資を希望して来店したのに、高額のおまとめローンや不動産担保ローンなどを勧められるという、意図とは違う方向に話が進んでしまう場合もあるようです。

利用者の多重債務となっている状況を考慮しての対応だとは思いますが、キャッシングアローが高額のおまとめローンの集客を積極的に行っていることが原因とも考えられます。

さらに、提供できる担保の有無についても、確認される場合もあるようです。

もちろん、誰にでも来店を依頼するわけではありませんし、ネットから申し込み、来店しないまま小口融資が可能となった方もいます。

きちんと貸金業登録番号も取得している正規の消費者金融なので、紹介屋等のような違法業務を行っている会社ではありません。

近隣ならともかく、遠方である場合、高額の交通費を支払ってまで来店するメリットはないように感じられます。

もし、来店を依頼してくる様な事があり、おかしいと感じる場合は、来店する前に電話で確認するなど、細心の注意を払って対応することが大切です。

審査通過の流れ

アローの審査ですが、いくら通りやすいと言ってもザルというわけではありません。

ましてやいい加減な審査しかしていないということもないので、申し込みの際の書類などで虚偽の報告をすることは絶対にNGです。

そんなことをしてしまえば簡単に審査に落ちてしまい否決という結果になってしまいます。

キャッシングアローの審査時間は、最短で45分ということです。

しかし、これは物理的に可能な最短時間ということでその時間が提示されているにすぎません。

実際の審査の場合、第一次審査であるキャッシングアロー独自の審査にまず時間が借ります。

その時間は借り入れをしたい人の状況によって異なりますが、少なく見積もっても1時間から数時間はかかってしまいます。

そしてその審査に通過した人だけが次の審査に進むことができます。

次の審査からはもっとスピーディーです。

まず本人に直接キャッシングアローから電話がかかり、ヒアリングの審査がおこなわれます。

これは必要な書類などをスムーズにFAXで送信できる状況にあるかどうかで、時間のかかり具合が変わっていきます。

そのため、少しでも早く審査を終わらせたい場合は必要と思われるすべての資料を手元に用意することはもちろん、すぐにFAX送信ができる体制を整えておくと良いでしょう。

このヒアリングの審査が無事に終わると、次は職場への在籍確認がおこなわれ、ここでも問題がなければその後、お金が口座に振り込まれるという流れになります。

もちろん、本人が職場の電話にでられない場合でも在籍確認がとれさえすればOKなので、ここではほとんど時間がかかりません。

おすすめのカードローンランキング

第1位 アコム

実質年率:3.00% ~ 18.00%
借入限度額:800万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第2位 プロミス

実質年率:4.50% ~ 17.80%
借入限度額:500万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0

第3位 静岡銀行カードローンセレカ

実質年率:4.0%~14.50%
借入限度額:10万円~500万円まで
無利息期間:45日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0