静岡銀行カードローン|上手なキャッシングの方法とは

静岡銀行カードローンで借り入れる

静岡銀行のカードローンは、元々は静岡県で展開していたカードローンサービスでした。

地方の銀行カードローンサービスの中でも非常に評判がよく、最近では事業展開に伴い全国規模に拡大したカードローンです。

静岡銀行のカードローンは、他の銀行系カードローンと違い、専業主婦・契約社員の方でもキャッシングが利用できるカードローンを用意しています。

また、アルバイトをしている人でも、小口の融資なら申し込みも可能なので、金利の低い銀行系カードローンの中でも利用できる層が広いカードローンです。

他の銀行系のカードローンでは、年収が少ないと申込みをしても審査で落とされてしまいます。

しかし、静岡銀行のカードローンでは年収を元にではなく、キャッシングした金額と、申込者返済能力を見て、現実的に返済できるプランが立てられるかどうかを審査で見ています。

そのため、年収が少なくて他の銀行系カードローンで落ちた人でも、静岡銀行のカードローンであれば審査に通るといったこともよく聞きます。

過去に利用した人の話では、アルバイトの方でも少額のキャッシングの申込みをしたら審査に通ったという話もあります。

また、静岡銀行のカードローンは、銀行の提携ATMやコンビニエンスストアに設置されているATMを利用して現金を引き出して利用することができるようになっています。

そのため、急に現金が必要になったときでも、コンビニに設置されているATMを利用することで、店舗が24時間営業であればいつでもお金を引き出せるメリットが有ります。

静岡銀行カードローンに申込む



実質年率 4.0%~14.50%
借入限度額 10万円~500万円まで
無利息期間 45日
即日借入
満足度 ★★★★★ 5.0

静岡銀行カードローンの特徴

金利が低い

静岡銀行のカードローンは、銀行系カードローンならではの低金利で、上限金利が14.5%となっており、一般的な消費者金融の上限金利の平均が18%なので、低い金利で借り入れができるということになります。

また、最低借入金額が1万円なので、数万円だけ借りたいといったようなニーズにも応えられる仕組みになっています。

利用限度額は、借りる側の返済能力や信用情報によって代わりますが、10〜500万までの借り入れが可能で、総量規制で年収の3分の1までしか借り入れができない消費者金融とは違い、上限金額までなら規制がかからないため、まとまったお金が必要なときにも頼りになるサービスです。

即日融資で他社の銀行口座に振込可能

静岡銀行カードローンには、多くのメリットが存在しますが、特にすごいと言われているのが、初回に限り静岡銀行の口座以外にも、他社の口座にも即日振り込みが可能な点です。

このサービスは、銀行系カードローンの中でも、できるところが限られており、他にできるところは新生銀行カードローンぐらいです。

他の銀行系カードローンでは、自分の銀行の口座を事前に作っておかなければ、即日融資を受けていないところがほとんどです。

一般的に、銀行カードローンでこういった他行に振込はできないため、他行の銀行口座でも即日で振り込めるということは、かなり珍しいサービスです。

無利息期間が45日

大手の消費者金融などの基本情報を見てみると、30日間は無利息というサービスがあります。

これは静岡銀行にもあり、キャッシュバックという形で、45日間も無利息期間があります。

静岡銀行カードローンのキャッシュバックは、契約日から最大で45日分の利息額が静岡銀行のインターネット支店口座にバックされる仕組みとなっています。

そのため、他の消費者金融と同じ意味で、実質45日分の利息が戻ってきます。

このキャッシュバックサービスは、月末からさかのぼって5営業日以内に契約をすると、45日分に近い利息のバックを受けることができるため、キャッシュバックサービスを活用したい人は契約日に気を付けて申し込みを行いましょう。

返済について

静岡銀行カードローンは、借りた金額の残りによって最低返済額が変わります。

静岡銀行カードローンの借り入れは、10万円以下の場合の最低返済額は2,000円と、業界の中でもかなり安い返済額の設定となっています。

この返済は、自動引き落としで行われます。

また、まとまった金額の返済をしたい場合は、コンビニのATMからでも追加返済を行うこともできます。

返済時の振込手数料も、しずぎんATM以外に、セブンイレブンATMなどの提携ATMならば、手数料は無料です。

静岡銀行カードローンのデメリット

事業資金としては使えない

静岡銀行カードローンのデメリットは、借り入れ金の使い道は自由とされていますが、企業の事業資金としての利用のみ規制されています。

これは、静岡銀行のカードローンのみならず、他の銀行系カードローンや、消費者金融のカードローンにも当てはまります。

事業用にお金を借りる場合は、ビジネスローンサービスも別途用意されているため、そちらを利用することをおすすめします。

静岡銀行側も、実際の使用用途は調査しませんが、万が一事業用の用途として使っていたことがバレてしまうと信用情報に傷が付く恐れがあります。

個人事業主や法人代表者が借り入れたい場合は、事業主向けのローンを利用して借り入れるようにしましょう。

補足ですが、事業用としてお金を借りる場合は、個人が利用できるカードローンよりも金利は安いです。

そのため、個人用のカードローンを使うことで無駄に利息を支払うことにもつながるということは覚えておいてください。

土日・祝日の即日借入はできない

静岡銀行カードローンは、土日・祝日に即日キャッシングすることはできません。

これは、銀行業務が土日は停止していることが原因となっています。

これは、他の大手銀行でもみずほ銀行や横浜銀行なども同様です。

基本的に銀行カードローンは、平日の借入が主となっており、土日は対応できないと思ってください。

土日・祝日に借入をしたい場合は、対応が可能な別の消費者金融のカードローンを利用するのをおすすめします。

増額時に行われる審査について

静岡銀行のカードローンは、他の銀行系カードローンと比べても審査に通りやすく、金利も安く、無利息期間があるため、非常に人気が高いカードローンです。

そのため、借入金額を増やしたいがために増額したいという声もよく聞きます。

静岡銀行カードローンの増額申請は、契約後の利用と返済状況を加味して審査がされます。

もちろん、新規申込時同様の審査があるため、他のクレジットカードなどの利用状況も審査対象です。

審査には、信用情報機関を通して、今までの返済実績と他社での返済実績も細かく審査されるため、言ってしまえばカードローンの再審査と言っても良いです。

例えば、リボ払いの残高が増加していると、その支払のために申請をしているのかと疑われて不利になることもあります。

そのため、静岡銀行カードローンの増額申請を予定しているのであれば、クレジットカードの利用はちょっと気を付けたほうがいいでしょう。

信用情報を照会して判断される

新規は審査が通りやすい

これまでの説明で、増額の場合も新規契約と同じように審査されることはご理解いただけたかと思います。

しかし、同じような審査でも、新規と比べると増額の審査のほうが通りにくくなっています。

新規契約の場合にも、これまでの借り入れ状況など、一通りに審査に必要な部分はチェックをされることになります。

しかし、仮にA社で100万円の借り入れを行うのと、A社とB社で50万円ずつの100万円の借り入れは、カードローン会社側からすれば、どちらのほうがリスクが高いのかは明白です。

もちろん前者の100万円の貸し付けです。

つまり100万円を一社で受ける方が審査の基準が高く設定されるということなのです。

新たに借り入れを行うほうが、限度額によるハードルも低いので審査の基準も比較的低く設定されていることが考えられます。

もちろん、審査で他社からの借り入れをチェックされますので、年収などを考慮したうえで限度額が決められることになります。

審査基準が甘いというわけではない

静岡銀行は、主婦やアルバイトでも審査に通ることが有るため、審査が甘いと言われてますが、静岡銀行自体がまっとうな銀行カードローンである以上、審査基準が甘いということはありません。

静岡銀行カードローンが審査に通りやすいのは、冒頭で説明したように借入金額と本人の返済能力から源氏的な返済計画が立てられるかどうかを見ています。

そのため、借入金額が少ない場合ほど、審査に通りやすくなっているのです。

それでは、静岡銀行の審査基準はどのようなものなのかを、公開されている範囲で紹介していきます。

  • 契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の人
  • 継続して安定した収入を得ている人
  • 静銀ディーシーカードか、新生フィナンシャル株式会社の保証を受けられる人
  • 専業主婦・アルバイト・派遣社員も契約可
  • 外国人の場合は、永住者または特別永住者の人

記載された貸付条件を満たせば、審査に通過する可能性は見込めるでしょう。

これを厳しいと取るか、甘いと取るか、申し込み者次第となります。

ただし、貸付条件をすべて満たしていたとしても、審査結果が落ちてしまうこともあるので注意が必要です。

たとえば、審査結果に落ちる原因としては、他のカードローンと同時申し込みをしていることです。

金融機関は信用情報機関によって、顧客の申し込み状況や借入の記録を共有しています。

カードローンを複数申し込みをしていると、この顧客はお金がなくて切羽詰まっているのではないか、と疑念をもたれてしまいます。

これは、静岡銀行カードローンの申し込みだけでなく、他のカードローンの申し込み時にも言えることです。

もし、審査に通過したいと考えているのなら、本命として一件だけで申し込みをするのがおすすめです。

審査に落ちる人の特徴

静岡銀行カードローンに申し込みをした人で、審査に落ちてしまう人も多くいます。

一般的に銀行系カードローンは、消費者金融よりも審査が厳しいため、比較すると多くの人が審査に落ちています。

しかし、実際の成約率がどれぐらいかも、実際に審査に落ちてしまった人の原因も、公式には発表されていません。

審査に落ちるということは、何かしら原因が有ることが考えられます。

そこで、一般的に審査に落ちる人はどういう人なのかを紹介していきます。

虚偽の情報で申し込み

カードローンに申し込む時には、申し込み者の住所・生年月日・勤務先情報・電話番号などを記載します。

この情報が事実と異なっていた場合、審査に落ちることがあります。

例えば勤務先を偽ったりすると、必ず審査に落ちてしまうので注意して下さい。

ことの気、前職の情報を入れても、最終的にバレてしまいます。

勤務先情報は、返済能力の有無に関わる重要な情報なので、正確なものを記載しましょう。

収入が安定していない

お金を借りるためには、一定以上の返済能力があることが条件です。

当たり前ですが、返済は必ず行わなければいけないため、収入がない人は、返済能力もないとみなされて、審査には通過できません。

明確に、毎月きちんとした安定収入があることが重要です。

つまり、アルバイトやパートや派遣社員よりも、正社員や公務員や契約社員が審査には有利です。

例え収入が多くても、定期的な収入ではない場合、審査に落ちることもあります。

これは、収入が少なくても、確実に返済できそうかどうかが審査されるということです。

他社からの借り入れが多い

カードローンの審査には、他社からの借入状況も重要になってきます。

日本には総量規制という法律があり、年収の3分の1を超える借り入れが出来ないという法律があります。

銀行系カードローンには、住宅ローンや自動車ローンなどの年収の3分の1を超えたローン商品もあるため、総量規制の対象外でもありましたが、最近では銀行系カードローンでも規制が厳しくなっています。

また、借入件数・金額が多すぎると、返済ができない人なのではと疑われてしまい、審査落ち対象となります。

自分の年収に対しての借入額が大きかったり、複数社(3社~4社)から同時借り入れしていたりする人は、審査通過が難しいと思ってください。

短期間に複数社への申し込み

たとえ返済能力が合ったとしても、短期間で複数社・複数回の申し込みをすると審査に落ちてしまうことがあります。

いわゆる「申し込みブラック」という状態です。

各種ローンへの申し込みをすると、金融機関側は提携している信用情報機関に照会をします。

金融機関側からは「この人は立て続けに色々なローンの申し込みをしている人」と判断されます。

そうなると、残念ながら審査通過は難しいでしょう。

信用情報に傷がある

静岡銀行カードローンは、過去に行った金融取引の状況も信用情報から確認し、審査の判断材料にしています。

信用情報内に重大なトラブルである「金融事故情報」が発見されると、その時点で返済に対する態度に問題があると疑われ、審査に通過できません。

おすすめのカードローンランキング

第1位 アコム

実質年率:3.00% ~ 18.00%
借入限度額:800万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第2位 プロミス

実質年率:4.50% ~ 17.80%
借入限度額:500万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0

第3位 静岡銀行カードローンセレカ

実質年率:4.0%~14.50%
借入限度額:10万円~500万円まで
無利息期間:45日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0