マイレディスを選んでお金を借りるメリット

マイレディスでお金を借りるメリット

マイレディスのキャッシングには、どんなメリットがあるのかを紹介します。

お金を借りる時に、どこから借りればいいのかわからないときは、参考にしてください。

マイレディスを調べてみると、金利や審査、返済日や返済方法など、特に違いはありません。

しかし、マイレディスには、女性オペレーターが対応する「レディースコール」があります。

これは、普通のキャッシングでは借入の時に男性のオペレーターが出る時があり、話しづらい、借りにくいという女性の心の本音に対応できるように作られた窓口です。

そのため、女性からしてみたら、申込みハードルが低く、かつ話しやすく相談しやすいということで高評価を受けています。

言ってしまえば、窓口が女性オペレーターが対応してくれるだけです。

しかし、最短即日融資や、30日間無利息や、銀行振込で手数料無料で借りられるサービスなど、通常キャッシングで使えるお得なサービスも、全てレディースキャッシングでも利用可能です。

もし女性の方で、お金を借りようと思っているなら、マイレディスを利用することをおすすめします。

マイレディスに申し込む


実質年率 4.80%~18.00%
借入限度額 1万円~100万円
無利息期間 0日
即日借入
満足度 ★★★★★ 5.0

誰でも借りれるのか

レディースローンは文字通り、女性向けのローン商品です。

レディースローンの申し込みには専用ダイヤルが用意されていて、オペレーターはすべて女性スタッフを配置するなど、「女性のためのローン」であることが盛んに宣伝されています。

しかし、レディースローンは女性であれば誰でも利用できる、というわけでもありません。

2010年に改正貸金業法が施行され、収入のない専業主婦や学生は融資の対象外となりました。

それでも、パートやアルバイトをしていて収入がある主婦や学生の方は、レディースローンを含め融資の対象となります。

ここでは、主婦や学生、高齢者の方がレディースローンを利用できるかどうか、具体的にいくつかのケースをあげてみたいと思います。

主婦が借りるには

パートなどをしていて収入がある方であれば、収入の範囲内でレディースローンを利用することができます。

専業主婦の場合は、旦那さんの収入にかかわらず、総量規制対象外の消費者金融を利用することはできません。

レディースローンはいくつかの消費者金融が出していますが、専業主婦の取り扱いについては同じです。

学生が借りるには

学生でもレディースローンを利用することができますが、いくつか条件があります。

まず、アルバイトなどをしていてある程度の収入があること。

ただし両親からの仕送りは、ひと月に何十万円送ってもらっていたとしても、収入とはみなされません。

この辺りの事情は、主婦の場合と同じです。

もう一つは、20才以上であることです。

未成年者への融資は法律で禁じられているためです。

学生の場合は、学生用レディースローンという商品があり、これを利用すると、やや低い金利で借り入れができます。

高齢者が借りるには

退職して年金生活をしている方は、年金は収入とみなされますので、基本的にはレディースローンを利用することができます。

ただし、おまとめローンなどの特殊ローンは利用できない金融機関が多いです。

また、金融機関はレディースローンの利用年齢に上限を設けています。

金融機関によって差がありますが、65~70歳に設定していることがほとんどですね。

70歳以上の方は、これは女性専用ではありませんが、地方銀行で展開しているシニアローンを利用できます。

80歳までに完済するという条件で、年齢上限を75歳まで引き上げています。

以上、レディースローンを検討中の方に、レディースローン利用の可否についてまとめてみました。

女性ならレディースローンを使わなければならないというようなものではなく、一般の消費者金融のキャッシングや、銀行カードローンは審査の上利用できますので、自分に合うものを選ぶと良いでしょう。

また、パート収入などが一切ない専業主婦の方であれば、消費者金融のレディースローンではなく、銀行カードローンにまずは審査を申し込むのが一般的です。

借入に躊躇する人の特徴

  • 申し込んだら家族や知り合いに知られてしまいそう
  • 申し込みには、担保や保証人を用意する必要がありそうだから難しそう
  • もし返済が遅れたりしたら、自宅に人が取り立てにきそう怖い

おそらく女性の皆さんの中には、上記のような理由の他にもさまざまな理由から借入を利用することをためらっている方もいるでしょう。

しかし、それらはすべて思い込みかもしれません。

知らないことを知らないままにしないで、マイレディスを快適に利用するための情報をご紹介いたします。

まずは、マイレディスを安心して利用できるメリットについてご紹介いたします。

女性専用のコールセンター

マイレディスには、通女性専用ダイヤルの「レディースコール」があります。

女性専用ダイヤルがあるキャッシングは、数ある消費者金融の中でも珍しく、女性視点の配慮ができていると言えます。

レディースコールでは、1から親切に案内してくれるため、キャッシングが初めての方でも安心して相談することができます。

また、このダイヤルはフリーダイヤルなので、通話料を気にせずわからないことを聞くことができるのも良いところです。

30日間の無利息サービス

プマイレディスでのキャッシングがはじめての場合、30日間は無利息で借りることができます。

1か月間の返済はすべて元金にあてることができるため、その分だけ早く完済へ近づくことができます。

もし30日を過ぎてしまった場合は、そこから日割りで利息が発生します。

30日間の期限までは実質金利0%ですが、無利息期間中にも返済期日はあります。

毎月5の付く日と月末が毎月の返済期日になりますので、無利息期間中でもこの日までに最低限の返済をしなくてはいけません。

そうでなければ、無利息サービスがそこで打ち切られてしまうこともあるので、少ない金額でも返せるようにしておきましょう。

必要書類について

  • 運転免許証
  • 健康保険証またはパスポート

キャッシングを利用するのが初めてという方は、「担保や保証人が必要になるんじゃ?」という心配をされる方が多いのですが、そんなことはありません。

むしろそれは逆で、現在のキャッシングでは持ち込むものが最小限で大丈夫になっています。免許証は普通自動車免許でも原付免許でも、どちらでも構いません。

ただし借入希望額が50万円をこえる場合や、他の会社からも借りて合わせると100万円をこえるような場合は、それに応じて「収入証明書」も必要になります。

収入証明書は、OLの方であれば源泉徴収票、自営業やパートの方は確定申告書、それ以外の方は給与明細書(直近2ヶ月分+賞与明細書1年分)が必要になります。

3つの申込方法

Web申込

自分の申し込みたいときに、 すぐ申し込みたいという方にはWeb申込がおすすめです。

インターネット回線があればパソコンでもスマホでも、365日24時間どこからでも申し込むことができます。

Web完結申込のため、来店不要で自宅から申し込むこともできます。

入力方法は2通りあり、カンタン入力かフル入力を選べます。

フル入力は、名前の通り審査する内容を、利用者自身で最後まで入力する方法です。

すぐに借りたいのなら、このフル入力の方が早いです。

一方、カンタン入力は、氏名や連絡先など最低限の情報を利用者が入力して、その後にオペレーターから連絡が来ます。

先ほど入力しなかった情報を口頭で答え、オペレーターに入力してもらうという方法があります。

カンタンの場合は、最初の入力後にすぐ電話が掛かってきますので、電話を取るのが難しい状況であれば、フル入力を選んだ方が空いた時間で対応できるので良いです。

レディースコールで申し込み

「わからないことが多いから詳しい人に聞きながら申し込みたい」という方には、レディースコールがおすすめです。

女性専用ダイヤルなら、必ず女性オペレーターが対応してくれます。

電話で申し込む場合、指定口座への振込キャッシングになります。

キャッシングの形式などがわからなくても、電話はフリーダイヤルなので通話料を気にせず納得いくまで聞くことができます。

申し込みのことだけでなく、借り入れや返済についても答えてくれるので、気軽に聞くことができます。

自動契約機・ローン契約機

ネットや電話以外にも、マイレディスの無人店舗に設置されている自動契約機で申し込むことも可能です。

都心の駅周辺であれば自動契約機がありますが、もしマイレディスへ行くことに抵抗感や嫌悪感を覚えるのであれば、セブン銀行でも同じく申込が可能です。

ローン契約機で、セブン銀行かマイレディスを選ぶことができるので、銀行にいながら消費者金融のキャッシングが可能になっています。

マイレディスの注意点3つ

基本的にはキャッシングローンと同様のサービスなので、使いやすくメリットも多いのですが、審査に申し込む上での注意点が3つあります。

審査通過率が若干低い

大手消費者金と比較をすると、のキャッシングは審査通過率が高いです。

銀行カードローンと消費者金融を比べると、基本的に金利が安いほうが審査は難しくなります。

在籍確認は勤務先への電話確認

マイレディスに限らず、キャッシングの審査では「在籍確認」が必ず行われるようになっています。

端的に言うと、申込者の勤務先へ電話をして本当に在籍しているかどうかを軽く確認する目的で行われます。

「そんなことしたら職場の人に申し込んだことがバレるじゃないか」という気持ちはわかりますが、マイレディス側もそこまで考えなしに在籍確認をするわけではありません。

会社名は伏せて個人名で電話をかけて、直接電話を代わらずとも在籍していることが確認できれば良いのです。

「席を外しておりまして~」とか「あとで折り返させますが~」等の返答がもらえれば「改めます」と言って在籍確認完了になります。

少しでも金利を抑えたい

キャッシングの金利は、毎月の約定日に発生する仕組みが多いため、約定日の前に元金を出来る限り減らすことでお得になります。

そのため、約定日以外の随時返済が非常に重要となります。

随時返済がおすすめ

随時返済とは約定返済以外で行われる返済のことで、直接元金を減らすことができます。

業者によっては任意返済と表現されることもありますが、約定返済以外の返済方式を指していると考えておくといいでしょう。

随時返済は任意で行う返済なため、引き落としではなく振込返済が基本となります。

ATM等を利用すると手数料が発生する場合もあり、カットされる利息よりも高くなってしまう可能性もあるため、随時返済をATMから行う場合には、まとまった金額を支払うことをおすすめしています。

約定返済との違い

約定返済とは毎月設定した日に行う返済のことで、まずは発生した利息分に充てられ、残った返済額が元金の返済に充てられます。

たとえば、約定返済で1万円支払ったとしても、その月に発生した利息が4000円あれば、6000円しか元金は減りません。

借金を返済する際には、まずは利息を支払うことが原則なので、約定返済方式は非常に理に適っていますが、支払った金額の殆どが利息に消える状態では、なかなか借金を返し終わりません。

返済額の半分以上利息に消えている状態の方などは、一度返済プランを見直した方がいいかもしれません。

随時返済をするメリット

随時返済は約定返済とは違い、返済した金額がすべて元金に充てられます。

元金を早めに減らすことが出来れば、約定日に発生する利息も少なくできます。

約定日に多めに支払おうと考えている方は、前もって随時返済をしておくことで利息を抑えることができ、利息を抑えられたら約定返済でも元金が多く減るという好循環が待っています。

無利息期間を活用しよう

利息を安くしたいのであれば、消費者金融の無利息期間を利用してもいいでしょう。

マイレディスは無利息期間が30日ついています。

無利息期間とはその名の通り利息が発生しない期間のことで、無利息期間中に完済すれば利息を支払わずに済みます。

また、数カ月にわたって返済する場合でも、無利息期間があるとトータルで発生する利息を大幅に抑えられます。

主婦の方が申し込む場合は収入が必要

ご自身が勤務している場合は、主婦の方もキャッシングへ申し込むことができます。

一方、ご自身の収入が証明できない専業主婦の方は、マイレディスのような消費者金融ではお金を借りることができません。

月数万円程度のパート収入であってもそれが毎月一定の収入として安定しているのなら、マイレディスの審査に通ることはそれほど難しいことではありません。

むしろそういった主婦の方々の非常時に頼りとなるのがマイレディスです。

一方、専業主婦の方は「総量規制」の関係から消費者金融でお金を借りることは困難です。

その場合は、専業主婦にも向けて少額キャッシングを扱っている銀行カードローンを頼りましょう。まずは、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行のメガバンク3社のカードローンから見てみることをおすすめします。

おすすめのカードローンランキング

第1位 アコム

実質年率:3.00% ~ 18.00%
借入限度額:800万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第2位 プロミス

実質年率:4.50% ~ 17.80%
借入限度額:500万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0

第3位 静岡銀行カードローンセレカ

実質年率:4.0%~14.50%
借入限度額:10万円~500万円まで
無利息期間:45日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0