プロミスの審査基準について

プロミスについて

三井住友フィナンシャルグループのプロミスは、大手消費者金融のなかで一番金利が低く(4.5%~17.8%)、30日間無利息サービスもあるので金利による利息負担を抑えることが可能であり、はじめての方でも安心して利用することができます。

なお、30日間無利息サービスを利用するためには、メールアドレスの登録とweb明細書の登録が必要です。

しかし、なかには「プロミスの審査に通るか不安」「プロミスの審査に落ちてしまって原因が分からない」という方も多いのではないでしょうか。

ここでは、プロミスの審査に不安や疑問を抱いている方を対象に、「プロミスの審査基準と審査に通る方法」について解説していきます。

プロミスに申し込む

実質年率 4.50% ~ 17.80%
借入限度額 500万円まで
無利息期間 30日
即日借入
満足度 ★★★★★ 5.0

プロミスの審査条件

プロミスの公式には、「年齢20歳~69歳のご本人に安定した収入のある方」「主婦(主夫)や学生でもパート・アルバイトなどの安定した収入のある方は借入可能」と記載されています。

つまり、プロミスの審査では、雇用形態や収入(年収)よりも「安定した収入があるか」を審査基準にしており、「安定した収入がある」=「毎月1回以上収入が入る」という条件に該当していれば、審査に通ることは十分可能です。

プロミスが審査で見ているポイントは、大きく分けると下記の2つの情報です。

  • 申込者の属性
  • 申込者の信用情報

「属性」「信用情報」から申込者の返済能力を審査し、プロミスは融資を行なうか判断します。

そして申込者がこれらの条件を満たすことができれば、プロミスカードローンでのキャッシングが可能となるのです。

それでは、「属性」「信用情報」についてそれぞれ解説していきます。

申込者の情報

プロミスに限らず、カードローン審査における申込者の情報とは、その人の年収(収入)や会社(勤務先)、家族構成などの個人情報を指しています。

この情報は「属性スコアリング」と呼ばれ、申込内容をコンピューターが自動的にスコアリング(点数化)し、申込者の返済能力と信用度を審査する仕組みとなっています。

そして属性スコアリングの合計点数が高いほど、プロミスカードローンでキャッシングできる可能性も高くなります。

属性スコアリングで見られる項目は、下記の通りです。

  • 年収
  • 勤務先と雇用形態
  • 勤続年数
  • 居住形態と居住年数
  • 家族構成
  • 年齢
  • 固定電話の有無

それでは、各属性について詳しく解説していきましょう。

年収

申込者の年収が高いほど、スコアも高くなります。

しかしプロミスは、年収の額面よりも「安定した収入があるか」を重要視しています。

年収は高い方が有利ですが、例え申込者の年収が200万円でも「収入が安定している=毎月1回は収入がある」という条件を満たしていれば問題ありません。

勤務先・雇用形態

公務員や大手企業の正社員は、スコアが高くなる傾向があります。

一方、パート・アルバイトの学生やフリーター、派遣社員や個人事業主(自営業者)は、正社員と比較して収入が安定してないのでスコアも低い傾向にあります。

また、収入のない無職や専業主婦は、プロミスの融資条件である「安定した収入」という条件を満たしていないので審査には通りません。

勤続年数

「勤続年数=今の職場で働いている」も点数化されます。

勤続年数が長いとプロミスは「今後も継続して働くだろう」と判断し、返済能力を認められてスコアは高くなります。

反対に勤続年数が1年未満だと、仕事を続けられるのか信用してもらえず、スコアは低くなってしまいます。

また、会社経営者や自営業者は、勤続年数から事業の安定性・信用度を判断されるので覚えておきましょう。

居住形態・居住年数

「持ち家」「賃貸」によってもスコアは変化します。

持ち家であり、居住年数が長ければスコアは高くなる傾向にあります。

これは、持ち家という資産があるので「貸倒れのリスク」が低くなることが理由です。

また、居住形態や居住年数を理由に審査落ちすることはありませんが、公営住宅はスコアの点数が低くなる傾向があります。

年齢

プロミスの融資条件に記載されている年齢は「20歳~69歳」であり、この範囲内であればスコアがマイナス評価されることはありません。

しかし、69歳以上の人は年収が急激に下がる傾向があるので、スコアも低くなり審査落ちの可能性も上がります。

固定電話の有無

「携帯電話(スマホ)しか持っていない」という理由で審査に落ちることはありませんが、自宅に固定電話があると加点されて点数が高くなります。

固定電話が有ることで、所在地の信憑性が上がるためです。

そのため、固定電話を持っている人は、申込時に必ず固定電話の電話番号を入力しましょう。

信用情報

信用情報とは、個人のローンやクレジットカードなどの申込履歴、契約情報、借入・返済状況といった利用履歴のことです。

そして信用情報は、プロミスを含む全てのカードローン会社の審査において非常に重要です。

プロミスは「シー・アイ・シー(CIC)」と「日本信用情報機構(JICC)」という個人信用情報機関の2社に加盟しています。

申し込みした段階でプロミスは、自社が加盟している個人信用情報機関に問い合わせを行い、申込者の信用情報を確認します。

そして、申込者の利用状況を見て、「他社からいくら借りているのか」また「過去に(もしくは現在)に金融事故はないか」などを確認し、問題があれば審査に落としています。

それでは、信用情報で見られているポイントを、それぞれ解説していきます。

他社借入件数

信用情報では、申込者が消費者金融や銀行カードローン、クレジットカード会社などの金融機関から借入しているかを確認します。

その際、借入件数が少ないほどプロミスからの評価は高く、借入額の合計金額が同じだった場合でも「数社から少しずつ借りているより1社からまとめて借りている方が信用度は高い」ので覚えておきましょう。

他社借入残高

信用情報では、申込者が消費者金融や銀行カードローン、クレジットカード会社などの金融機関から「いくら借りているか(他社借入残高)」も確認します。

その際、他社借入残高が少ないほど信用度は高く、申込者の年収に対して他社から借り過ぎている人は「返済できないから借りようとしている」と判断され、プロミスからの評価はマイナスになってしまいます。

金融事故履歴

プロミスに限らず、カードローン会社は申込者の金融事故の有無を必ず確認します。

金融事故とは「長期延滞」「代位弁済」「債務整理(自己破産・個人再生)」「強制解約」などのことであり、金融事故を起こしてしまうと個人信用情報機関に事故情報が記録されます。

事故情報は「ブラックリスト」と呼ばれるものであり、一度記録されてしまうと最長1年~10年は削除されず、全ての金融機関の審査に通らなくなってしまいます。

プロミスの審査に落ちる原因

それでは、プロミスの審査に落ちる原因はどこにあるのか。

下記の項目に該当してしまうと、プロミスの審査に落ちてしまう原因になるので確認してみましょう。

  • 安定した収入がない
  • 信用情報に金融事故情報が登録されている
  • 貸金業者から年収の3分の1を超える借入がある
  • 他社からの借入件数が多い

プロミスカードローンに申し込んだ人が、上記に該当していると審査に落ちてしまいます。

安定した収入がない

プロミスの利用条件にも記載されているように、安定した収入がないと審査に落ちてしまいます。

「安定した収入がある人」=「毎月1回以上収入がある人」であり、収入が入るまでに期間が空いてしまう人は、一度に入る金額が大きかったとしても審査に落ちてしまう可能性があるので注意しましょう。

毎月収入があれば「固定給」「歩合給」「時給制」でも問題ありません。

ただし、プロミスに認められる収入は労働による収入であり、年金や生活保護などの国や地方自治体から受給している給付金、親からの仕送りなどは収入として認められないので覚えておきましょう。

信用情報に金融事故情報が登録されている

申込者の信用情報に金融事故情報が登録されていると、プロミスの審査に落ちてしまいます。

個人信用情報機関に登録されてしまう金融事故情報は、下記の通りです。

  • 長期延滞(2か月~3か月以上)
  • 代位弁済
  • 債務整理(自己破産・個人再生)
  • 強制解約
  • 貸付自粛依頼(協会停止)

上記に挙げた金融事故情報が個人信用情報機関に登録されてしまうと、最長1年~10年は登録情報が消えず、プロミスを含む全てのカードローン会社の審査に通らなくなってしまいます。

また、プロミスで金融事故を起こすと社内記録が半永久的に残ります。

そして「社内ブラック」という状態に陥り、二度とプロミスの審査に通らなくなってしまうので注意しましょう。

総量規制を超えている

プロミスでの借入は、貸金業法で定められている総量規制の対象です。

そのため、他社からの借入を含めた借入額の合計が、年収の3分の1を超えていると審査に通りません。

総量規制とは、貸金業者が個人にお金を貸す場合に「年収の3分の1を超える貸付を禁止する」という法律です。

貸金業者は「消費者金融」「クレジットカード会社」「信販会社」のことで、銀行は含まれません。

また、貸金業者からの借入には「クレジットカードのショッピング利用は含まれない」ので覚えておきましょう。

 銀行カードローンは、銀行法が適用されるので総量規制の対象外となります。

ただし、2017年3月に全国銀行協会から公表された「カードローン審査の厳格化」により、非正規雇用者(パート・アルバイト・専業主婦など)への融資が抑えられる傾向があります。

他社からの借入件数が多い

他社借入件数が4件以上あると「返済能力に問題あり」と判断され、プロミスの審査に落ちてしまいます。

ただし、銀行やクレジットカード会社からの借入は含まれず、「消費者金融と契約しているが借入はしていない」という場合も含まれません。

「他社からの借入が4件以下なのにプロミスの審査に落ちてしまった」という人は、すでに総借入額が総量規制で定められている「年収の3分の1を超えている(または近い金額を借入している)」可能性があります。

在籍確認が取れない

申込者の勤務先に在籍確認が取れず、プロミスの審査に落ちてしまうことがあります。

在籍確認とは、申込者が申告した勤務先が正しいか調べるため、審査の過程で必ず行なわれます。

具体的には、プロミス担当者が申込者の勤務先に電話をして「〇〇(申込者)いますか?」と確認します。

その際、「申込者本人が電話に出る」または「(職場の従業員が)〇〇(申込者の名前)は席を外しております」と答えた場合でも、在籍確認は完了します。

申込者の勤務先が個人情報の取扱いに厳しく、申込者本人が電話に出られなかった場合には、プロミス担当者に在籍の有無を教えないケースがあります。

その際、プロミス担当者の判断で暫定的に審査通過するケースもありますが、利用限度額は10万円以下に設定される可能性が高く、さらに他の要素に問題があれば審査落ちも考えられます。

翌営業日に在籍確認が取れれば「本来の適正である利用限度額」にアップすることも可能ですが、電話連絡による在籍確認が難しい場合には、事前にプロミス担当者に相談してみることをおすすめします。

プロミス担当者によっては、別の方法で在籍確認を取ってもらえる可能性があります。

プロミス担当者に在籍確認について相談する場合、「web完結」申込みではなく「カンタン入力でお申込み」を利用しましょう。

web完結申込みを利用すると、プロミス担当者と話をせずに審査が進み、通常通り勤務先に電話連絡による在籍確認が行なわれてしまいます。

また、カンタン入力でお申込みした後、自動契約機でローンカード発行することで「プロミスATM」「提携しているコンビニATM」から現金を引き出すことが可能になります。

プロミスの審査に通る方法

ここでは、プロミスの審査に通るための方法について解説していきましょう。

利用限度額を低めに設定する

プロミスへ申し込みする際、利用限度額(契約極度額)を低めに設定することで審査に通る可能性が高くなります。

設定する利用限度額は、申込者の年収と他社借入件数(他社借入残高)にもよりますが、必ず総量規制の範囲内で収まる金額を希望しましょう。

また、利用限度額を低めに設定すると「年収に対して借りすぎという印象を与えない」「計画的に借入していることをアピールできる」というメリットになります。

緊急で多額の融資を必要としていないのであれば、初回契約では少額融資で申し込むことをおすすめします。

申し込みは1社ずつにする

プロミスの審査に通るためには、複数のカードローン会社に申し込まないことも重要です。

個人信用情報機関では申込内容も共有されているので、1か月以内など短期間で複数のカードローン会社に申し込みしてしまうと、「複数社に申し込みしないとキャッシングできない人」だとプロミス担当者に判断されてしまいます。

プロミスの審査に通るためには(またはプロミスの審査に落ちてしまったとしても)、一度に複数のカードローン会社へ申し込むことはやめて、1社1社審査を受けていくようにしましょう。

記入ミスに気をつける

プロミスの審査に落ちてしまう原因には、申し込み内容の記入ミスもあります。

申し込み内容を記入する際に誤字脱字があると、確認のため審査に時間がかかるだけでなく、「虚偽の申告をした」と疑われてしまい審査に落ちてしまう可能性があります。

「計算ミスしたことにして他社借入件数(他社借入額)を少なめに記入する」などの行為も、個人信用情報機関で確認されすぐにバレてしまいますし、プロミスからの信用も失ってしまいます。

おすすめのカードローンランキング

第1位 アコム

実質年率:3.00% ~ 18.00%
借入限度額:800万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第2位 プロミス

実質年率:4.50% ~ 17.80%
借入限度額:500万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0

第3位 静岡銀行カードローンセレカ

実質年率:4.0%~14.50%
借入限度額:10万円~500万円まで
無利息期間:45日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0

他のカードローンを選ぶ

人気の特徴から選ぶ

  • 低金利カードローン
  • 無利息期間のあるカードローン
  • 銀行カードローン
  • 即日融資可能なカードローン