プロミスのカードローンの特徴とは

プロミスのカードローンについて

カードローン契約をする時に皆さまは何に気を付けているでしょうか。

気を付けなければいけない事はいくつか有りますが、カードローン会社の中には悪質業者が潜んでいるという事もそのうちの一つです。

キャッシング自体が危険、という誤った認識を持たれている人もいるようですが、普通にキャッシング契約する分には何の危険も有りません。

しかし無計画で過度な借入は借金苦の元ですし、悪質な業者に掴まってしまって大変な目に遭っている人もいるようです。

大手キャッシング会社に闇金など有りません。

そんなプロミスの紹介をしながら闇金に引っ掛からない方法を説明していきましょう。

その上で、プロミスに申し込むかを決めていただければと思います。

もし、すぐにプロミスに申込みたいと思うなら、こちらから詳細を確認して申し込むことをおすすめします。

プロミスに申し込む


実質年率::4.50% ~ 17.80%
借入限度額:500万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0

銀行系プロミスは信用度が高い

プロミスは、三井住友銀行系列の消費者金融会社です。

有名な芸能人の起用し、テレビCMを何本も出していますので知っている方も多いでしょう。

キャッシング会社の中でのメジャー所の一つです。

そんなプロミスの特徴は、大手銀行系列に属する堅実性とも言えるでしょう。

少し敷居を高く感じる方もいるかもしれませんが、そんな事は有りません。

契約対象者も幅広く持っており、ネットのWeb上で契約もできてしまう結構便利なキャッシングです。

初心者や、あまりキャッシングについて詳しくないという方にはぴったりともいえます。

冒頭で話しましたがキャッシングの中には悪質業者も潜んでします。

安全という意味ではプロミスはトップレベルです。

プロミスの基本スペック

ではプロミスのカードローンの基本スペックを少し説明していきましょう。

  • 上限借入額は500万円
  • 金利は4.5%~17.8%
  • 対象年齢は20歳~69歳以下

まず大手キャッシング会社に共通して言える事ですが上限金利の高さです。

4.5%~17.8%ですが、他のカードローン会社が5%~18%が多い事を考えると少しお得です。

対象年齢は20歳~69歳以下と幅広い年齢層を対象にしています。

60歳以上で働いていなくても年金受給者など定収が有れば大丈夫なようです。

プロミスは顧客対象も幅広いので、そこも初心者向けと言えるでしょう。

例えば、アルバイトやパートの方は、ローン組みが難しかったりするので、キャッシングも難しいと思いがちですが、プロミスはアルバイト・パートでも全然大丈夫なようです。

プロミスなら1000円単位で借り入れ可能

実はプロミスのATMか窓口を利用することで、1000円単位でお金を借り入れする事ができます。

1000円単位で借り入れすることができるということは、無駄遣いをしてしまうといった危険はないので安心です。

ちなみにプロミス以外のATMでも、1000円単位で利用可能な提携ATMなどがあります。

プロミスが提携している主なところは、ローソンATM、セブン銀行、三井住友銀行などです。

提携しているATMの中で、千円単位で借り入れできるのは、三井住友銀行のATMだけです。

ただし、ATMは土日祝日の利用は可能ですが、毎週月曜0時~7時の間はシステムメンテナンスの為使用不可となります。

注意して欲しい事として、コンビニATMを利用する場合、セブンイレブンに「セブン銀行マーク」、ローソンなら「ローソンATMマーク」が無い店舗では利用できないことです。

セブン銀行の場合、1000円単位での借り入れはできませんが、返済だけはできます。

プロミスの3つの特徴

プロミスは、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が提供するキャッシングで、業界全体でも人気のある貸金業者です。

消費者金融として大手のプロミスが過払い金請求や総量規制、利息制限法の改正などが絡んで資金繰りなどで落ち込み気味だった頃、三井住友銀行と資本提携して復活しました。

昔のサラ金のイメージは、銀行との提携で薄れています。

CMでも人気女優やタレントを多数起用してイメージ戦略もうまい企業です。

借りやすさや利便性の良さで、アコムやモビットと並んで人気のある消費者金融となっています。

以下は、プロミスの特徴になります。

最短30分で審査回答、最短即日融資が可能

プロミスは最短30分で審査回答がもらえ、さらに振込、ローンカードの即日発行など、様々な方法で当日中に現金を手にすることが可能な点が、プロミスの最大の特徴です。

現金をとにかく1秒でも早く、最短で手にしたい方はおすすめです。

申し込み方法も後述しますが、様々なパターンがあり、WEB完結から自動契約機の利用まで利用目的や今後の借り方に合わせて選べますので、利用しやすい方法でお金を借りることが可能です。

30日間無利息サービスがある

プロミスは、メールアドレスの登録とWEB明細の利用を選択すれば、最大30日間の無利息サービスを受けることができます。

無利息はその名の通り、利息ゼロということなので、無利息期間中に返済してしまえば”タダ”でお金を借りたことと同じことになります。

初回の借り入れ翌日から30日間がスタートしますので、途中で追加融資を受けたとしても初回から30日間、その期間に返済してしまえば追加で借りた分も利息はかかりません。

もちろん、30日以内に一旦返済してしまって、新たにお金を借りるケースでも初回の借り入れから30日以内は利息がかからないので、かなりお得に借りることが可能です。

自動契約機で手続き可能

プロミスならではの特徴として、自動契約機の多さや利便性にあります。

三井住友フィナンシャルグループに属している消費者金融になりますので、プロミスの自動契約機だけでなく三井住友銀行ローン契約機でもローンカード発行、契約手続きが可能です。

自動契約機は大手の消費者金融で多く街中に設置されていますが、消費者金融の最大の特徴であるローンカードで、即日融資を実現する唯一の方法です。

WEBでカードローンの申し込みを行って、審査結果を受け取った後すぐに自動契約機や三井住友銀行のローン契約機に行って、手続きを行えばその場でローンカード発行、帰宅途中のコンビニATMや銀行ATMで借り入れすることが可能です。

申し込みから融資実行までの利便性の良さ、スピード感はプロミスの大きなメリットになっています。

お金を借りる前の注意点

キャッシングする前、カードローンでお金を借りる前に注意する点を解説しておきます。

今日中に借り入れする手続き方法

お急ぎの方、今スグ借り入れをしたい方はプロミスで即日融資が可能です。

最速で借りるためには以下の流れで申し込み、手続きを行う必要があります。

  • パソコンやスマホでインターネットからキャッシングの申し込みを行う
  • 審査結果を待ちつつ、最寄りのプロミス自動契約機または三井住友銀行ローン契約機へ向かう
  • 審査結果でOKとなればすぐに自動契約機等で手続きを行う
  • ローンカードが発行されたらすぐにATMで借り入れ可能

感覚として、すんなり進んだとして申し込みから最短で1時間程度で融資可能となります。

なお、申し込み時間帯は朝9時から夜9時までとなっていますので、この時間帯の間で申し込みから契約手続きが完了しないと当日に借り入れはできません。

特に夜は自動契約機で手続きができる時間帯が9:00~22:00(※一部21時もあります)までとなっています.

そのため、審査回答を夜9時までにもらう必要があり、しかし自動契約機は夜10時(※一部夜9時までの自動契約機もあります)までということで若干タイムラグがある点は注意が必要です。

可能なら夜8時台に申し込みは終わっていたほうが良いでしょう。

プロミスコールや自動契約機に直接行ってそこで申し込み手続きをする方法もあります。

ただし、パソコンやスマホで入力したほうが早い点、運転免許証などの個人に関わる書類の提示方法を考えるとインターネット経由で申し込むほうが最速だと思います。

WEB手続きの注意点

プロミスはWEBから申し込みができる点で、手続き方法の分岐点が多くあります。

申し込み途中で悩まないように、ここでは事前にこういう選択肢が申し込み途中に決定を迫られるということをお知らせしておきます。

まず、申し込み後の手続方法についてはWEBで完結する「来店不要」または「来店」かを選ぶことになります。

来店不要ならWEBだけで申し込みが完結することになり、全てインターネットを利用した手続きとなります。

来店の場合は窓口やローン契約機、自動契約機で最後の手続きをすることになります。

次に返済方法の決定も行います。

「ATMで返済」または「口座振替による返済」を選びます。

口座振替を選んだ場合は、審査後の手続きで口座を入力することになりますので、事前に手元に通帳やキャッシュカードを置いておくことをおすすめします。

また、ローンカードの発行も「カード郵送希望なし」または「カード郵送希望」を選ぶことに成ります。

カード発行希望ナシの場合は、振込キャッシングでの借り入れとなります。

即日振込の条件

プロミスは上記のローンカード発行も当日行えますが、自動契約機や三井住友銀行のローン契約機が近くにない場合は、振込が最速の方法となります。

契約を平日14時までに済ませる必要があるということは注意が必要です。

振込の依頼は、プロミスのインターネット会員サービスの「瞬フリ」というサービスで行う事が可能です。

ただし条件があり、即時振込の場合は、振込先口座が三井住友銀行またはジャパンネット銀行であることが必要です。

振込依頼から24時間いつでも、最短10秒で振込が完了しますのでかなり便利に使えます。

指定の口座でなければ、通常翌営業日の朝9時半に振り込まれることになります。

最寄りの自動契約機や、ローン契約機が無い場合に利用すると良いと思います。

審査回答時間について

プロミスのキャッシングは、申し込みから審査回答まで最短で30分となっています。

あくまで目安時間であり申込者の属性、申し込みの混み具合によっては審査に時間がかかることもあります。

審査は仮審査ではなく、本審査になります。

メール、または電話で審査結果の回答がなされますので、メールの確認と電話に出られるようにしておくと良いでしょう。

メールで審査結果の連絡を受け取った場合は、メール本文に記載のインターネットサイト上で審査結果を確認することになります。

電話や窓口よりも、インターネットで情報を記入して申し込みしたほうが若干審査が早いようです。

WEB完結の場合は来店不要、窓口や自動契約機に来店しての申し込みも可能です。

なお、プロミス公式サイトでお借入診断も行えますので、審査が気になる方はそこで仮審査のよう形でシミュレーションを行ってみるのが良いでしょう。

申し込み手順について

PCやスマホ、携帯電話でプロミスのインターネットサイトにアクセスして申し込みを行います。

自動契約機や、三井住友銀行のローン契約機での申込みも可能です。

郵送の場合は、プロミスATMコーナーやお客様サービスプラザ(店頭窓口)、プロミスコールで申込みの請求も可能です。

申し込み後は本審査が行われます。

メールまたは電話での審査回答になります。

審査結果で、利用可能の旨及び利用可能額の通知を受けたら、本契約の手続きに進みます。

申込み時に来店不要としたなら、WEB上での手続きを進めます。

来店の場合は、店頭窓口または自動契約機や三井住友銀行ローン契約機での手続きとなります。

書類等に問題なければ、ローンカードの発行となります。

WEBで申込みをされている場合でも、ローンカード発行の依頼をすることになります。

ローンカードを早く受け取って、ATM等で借り入れしたい場合は、自動契約機等に来店して手続きを済ませたほうが早いです。

ローンカード発行しなくてもキャッシングの利用は可能なので、必要無い方は不要として手続きを進めても構いません。

その場合は、振込キャッシングの方法で借り入れをすることになります。

三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を保有していれば即時振込、持っていなくても翌日朝振込になりますので便利に利用することが可能です。

おすすめのカードローンランキング

第1位 アコム

実質年率:3.00% ~ 18.00%
借入限度額:800万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第2位 プロミス

実質年率::4.50% ~ 17.80%
借入限度額:500万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0

第3位 静岡銀行カードローンセレカ

実質年率:4.0%~14.50%
借入限度額:10万円~500万円まで
無利息期間:45日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0