モビットの他社とは違う特徴とは

モビットについて

モビットは三井住友銀行グループのキャッシング会社であり、比較的有名な金融機関となっています。

モビットが取り扱っている商品は、シンプルなカードローン商品一つであり、商品ラインナップがシンプルです。

そのため、利用者は商品選択で迷うことがなく、唯一取り扱っているカードローンについても、利用限度額は最高で800万円・実質年率は3.0%〜18.0%と好条件です。

このように、利用しやすい金利と限度額のため、多くの人がお得に利用できるカードローンとして高い人気を誇っています。

また三井住友銀行グループの会社ということもあり、モビットのカードローンは三井住友銀行のATM手数料が原則無料で利用できるというメリットがあります。

自宅や職場の近くに三井住友銀行のATMがあるという人や、メインバンクとして三井住友銀行を利用しているという人には特におすすめできるカードローンサービスと言えます。

モビットに申し込む

モビット
実質年率:3.00~18.00%
借入限度額:800万円
無利息期間:0日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0

モビットの申し込み方法について

モビットでの借入方法は大きく、ネットキャッシングとATMからキャッシングする方法があります。

申込方法は、パソコン、ケータイ、スマートフォン、郵便、電話、ローン申込機があります。

パソコンから申込をする場合は、公式サイトから申込をして、メールか電話で審査結果の連絡があります。

その後、郵送かローン申込機でカードを発行してもらいキャッシングをします。

後日、モビットから必要書類が送付されるので、モビット返送することで手続きが完了します。

モビットには「WEB完結申込」という申込があり、WEB完結申込の場合はカードが発行されずネットのみで手続きが完了します。

入会完了のメールが到着後、すぐに利用することが可能です。

借入にあたっては本人確認書類が必要となり、運転免許証または健康保険証、パスポートのいずれかが必要となります。

50万円を超える借入の場合には収入証明書が必要となり、申込後に連絡があって収入証明書の提出を求められます。

収入証明書となるのは以下の書類のいずれかです。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細
  • 税額通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

いずれの場合もコピーを提出することになります。

借りたことを周りに知られない

消費者金融には大手と呼ばれる3社があります。プロミス、アコム、アイフルです。

そのほか中堅消費者金融も数多くあり、モビットは大手にあと一歩というところでしょう。

シンプルな使い方を考えているなら、モビットで何ら不便はないはずです。

気になるのはWEB完結で振り込みキャッシングの場合平日に時間が限られることでしょう。

それは実際の利用者の声でも聞こえてきます。

モビットがほかの消費者金融と比較して大きく異なるポイントは「だれにも知られないでキャッシングができること」です。

ここには徹底してこだわっている様子が見て取れます。

  • 郵送物なし
  • 電話連絡なし
  • カードなし

これはネット上で申し込み手続きを完了させることができる多くの消費者金融は「郵送物」「在籍確認」などがありまり、どうしても周りに知られてしまう可能性があります。

モビットではキャッシングが知られることことなく進められるポイントがいくつもあります。誰にも知られたくないキャッシングを考えているのなら、最も可能性が高いのはモビットといえるでしょう。

知られない仕組み

モビットのようにWeb完結で申し込みが終了する場合は、郵送物が一切発生しませんが、金融機関によっては、本人確認資料の提出用書類が郵送されてくるところもあります。

また、カードローンの審査通過後に、契約書や、カードローンカード、取扱説明書などを郵送する金融機関もあります。

これらは、すべての金融機関に共通することではありませんので、心配な人はカードローンに申し込みをするときに事前に確認をしておくことをおすすめします。

なお、郵便については本人の住所の確認の意味をありますので、金融機関によっては郵送について重要視しているところもあります。

モビットの場合は、三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座を持っていれば、郵便物を一切発生させずにWeb完結でカードローンが申し込みできます。

モビットのWEB完結申し込みでは、電話連絡だけでなく自宅への郵送物がありません。

口座振込みによる融資では、審査が終了し振り込みが完了した後、カードと契約書類が自宅へ郵送されます。

しかし、WEB完結申し込みでは、審査終了後、Eメールで契約書類のやり取りを完結させ、カード発行もないため、モビットからの郵送物が一切無いのです。

また、カード発行をしないため、返済は基本的に口座振替となります。職場の同僚や家族に内緒でこっそり利用できるのは非常に便利です。

WEB完結申し込みの条件

満20歳から69歳までで安定収入のある方
安定した収入があることは、モビットに関わらず他社のキャッシング・カードローンでも必ず確認される審査基準です。

パソコンやスマホでEメールのやり取りができる方
Web完結ということで、インターネットを利用できる環境にいる・ネット接続できる機器を持っているというのは最低限の条件です。

モビットの定める収入証明書が用意できる方
収入証明書があることで、どれだけの金額を融資することができるのかの限度額を調べることが出来る上に返済能力の高さ・低さを調査することができます。

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座を持っている方
三井住友銀行グループのモビットの為、系列の口座を持っていることで便利なサービスを利用出来ます。

モビットの審査基準

モビットの審査基準は公開されているものではありませんが、申込基準は公式サイトで「年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある人」となっています。

安定した収入があれば借入が可能になっているので、アルバイト、派遣社員、パート、自営業の人でも利用することができます。

保証人、担保、印鑑は不要で借入することができます。

本人に安定した収入が必要となるため、専業主婦の人はモビットを利用することができません。

また年金や生活保護の受給額は収入とみなされないため、年金生活者や生活保護受給者も利用することはまずできません。

年金受給者はほかに収入があれば審査可能な場合があります。

モビットに限った話ではありませんが、信用情報に事故情報が登録されている、いわゆる「ブラックリスト入り」している人はモビットのような大手消費者金融では審査に通りません。

ブラックの人はブラックの人でも柔軟に審査をしてくれる、中小の消費者金融の会社を検討されるのがよろしいかと思います。

また、モビットは消費者金融の会社なので、総量規制の対象になります。

そのため、他の貸金業者と合わせた借入額が、年収の3分の1を超える金額の借入をすることはできません。

総量規制の対象外の借金として、銀行系カードローンがありますので、年収の3分の1を超える金額を借りたい人は銀行系カードローンを検討されるのが良いでしょう。

モビットの返済方法

モビットでは、口座振替以外の返済方法を支払いの度に任意で選択できます。

もちろん、組み合わせも自由です。

つまり、実際どのように返済するかは申込み前に決めておかなくてもいいのです。

実際は状況に応じて最も便利な返済方法を利用することになるので、借りるまでは考え過ぎない方がいいでしょう。

むしろ、申込み前に悩みすぎると申し込みのタイミングが遅れ、時間を無駄にしかねません。

返済方法に悩んでまだ申し込みをしていないなら、先に手続きをしておくことをおすすめします。

口座振替

モビットのキャッシングの返済方法はATMによる返済、銀行振込による返済、口座振替による返済の3種類があります。

口座振替は引き落としのことですので、設定のための手続きが必要になりますが、手数料無料で返済することができ、毎月の払い忘れもなくなります。

この返済方法を利用するためには、引き落とし元口座の登録が必要です。他カードローンでは借り入れ前に最初の登録チャンスがありますが、モビットは他社より早いタイミングでキャッシングできるため、口座振替の登録ができるのは契約後です。

審査終了後に提出することになる契約書類に、口座番号を記入して返送すれば登録できます。

ATMから返済

次の返済方法として提携ATMからの返済ができます。

モビットと提携している三井住友銀行、東京三菱UFJ銀行ほかの全国の地銀信金等、セブン銀行、イオン銀行、プロミス、セゾンカード、ローソン等の提携ATMが利用できます。

モビットの提携ATMの台数は全国で13万台近くある(2017年6月現在)ので探すのに困難はありません。通常返済に加えて、一括返済や繰り上げ返済も可能です。

つまり、自分の都合に合わせて月に何度でも返済ができるのです。ちょっとした臨時収入をモビットへの返済に充てる、そんな使い方もできる返済方法です。

この返済方法のデメリットとしては、返済時に手数料がかかることです。

コンビニATMでの返済の場合、通常1万円以下の返済で1回当たり108円、1万円以上の返済で216円かかります。

仮に金利が安くても、返済回数が多いと手数料もその分かかるので、総額支払いがかなり増えます。

借入時に総返済回数を最初から少なくしておくか、お金ができた時はできるだけ一括返済か繰り上げ返済を併用して元金を減らしておくほうがいいでしょう。

銀行振込

次の返済方法は、銀行からの振込です。

モビットの提携している銀行や信金は全国に多数ありますので、地方でモビットを利用されている方も、取引店舗の窓口かATMから振込返済できます。

銀行振込でモビットへの返済をする場合、提携ATMを利用する以上に自分の都合に合わせた返済が可能です。コンビニのATMでも返済できるので、自宅近辺で返済を済ますことが可能です。

また、この返済方法をとれば、傍目からはキャッシュカードでお金を引き出したり、預け入れを行っているようにしか見えません。

地元の友人や家族に見られてもキャッシングの事実がバレにくい、それもメリットのひとつです。

この返済方法のデメリットは、銀行他行振込の場合、手数料がコンビニ提携ATMよりさらに割高であることです。

金融機関のATMを使って振り込みした場合でも通常300円以上かかりますし、窓口で振り込みすればさらに手数料は600円から800円以上になりますので注意が必要です。

ただ一部振込手数料がゼロの銀行もありますので、利用可能であれば選択肢の一つに加えてみてください。

モビットの返済期日

モビットの返済日は5日、15日、25日、末日の中から利用者の好きな日を選択して指定することができますので、給料日に合わせて指定する方も多いと思います。

まずはこの日を忘れないようにしましょう。

前月の返済期日の翌日から返済期日までの間に返済をすることで、当月の返済が完了となり、次の返済期日が翌月となります。

なお、返済日が金融機関の休日だった場合は、翌営業日が返済日になりますので、口座引き落としについても同様だと思われます。

一括返済をするなら

モビットで借入しているお金を全額返済する方法を知っておくと、臨時収入が入ったとき、ボーナスを支給されたときなどにすぐに返済ができると思います。
全額返済することで得られるメリット、全額返済方法について確認しておきましょう。

残高の金額を全額返済することができれば、借りている間の期間が短くなるので、利息も当然少なくて済みます。

また、返済する毎に手数料が必要になるので、手数料分の負担もなくすことができます。

モビットの全額返済方法は、銀行振り込み、または提携ATMからの支払いです。

通常は口座振替での返済方法もありますが、自動的に引き落とすシステムになるので、利用する場合は、モビットコールセンターに問い合わせて、引き落としてもらう金額を変更してもらわないといけません。

銀行振り込みや提携ATMからの支払いなら、自分で返済金額を決められるので、全額返済できる金額分を入金するようになります。

なお、全額返済をする場合は、前もってモビットに全額返済をする旨を伝えないといけません。

利用した日数分の計算をしてくれるので、細かい金額まで把握することができます。

日割り計算になるので、全額返済ができる目途が立っているのであれば、早めに返済をすると良いでしょう。

日数分の利息もなるべく少なくできると思います。

他のカードローンも検討して決める

モビットには無利息期間がつくサービスはありません。

無利息期間が利用できる人であれば、無利息期間を活用した方が利息を払わずにお金を借りることができるので、まだアコム、プロミス、アイフルを利用したことがない人はこれらの会社から検討されるのが良いと思います。

おすすめのカードローンランキング

第1位 アコム

実質年率:3.00% ~ 18.00%
借入限度額:800万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第2位 モビット
モビット
実質年率:3.00~18.00%
借入限度額:800万円
無利息期間:0日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第3位 静岡銀行カードローンセレカ

実質年率:4.0%~14.50%
借入限度額:10万円~500万円まで
無利息期間:45日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0