カードローンのアローの魅力とは

カードローンのアローの魅力とは

アローの魅力は融資額の大きさ、可決率の高さ、資金力の高さにあります。

さらには過払い問題とは無縁であることも魅力です。

消費者金融アローは自己破産や債務整理をした方にも柔軟な審査を、実施していて人気があります。

他にも柔軟な審査をしている所はありますが融資額が5万円から10万円の少額なものでかなり低いようです。

アローは、それに比べると融資額が高額で、新規なら高額の決済がでる可能性も高いようです。

20万円から30万円の決済が出ているようです。

この点がカードローンのアローの魅力ともなっており、融資額が他社と比べて高いのです。

可決率が高い

可決率の高さもアローの魅力です。

可決率は審査に通った件数を申し込み件数で割ったものです。

消費者金融会社の審査の通りやすさを計る目安として、業界では「可決率」という基準があります。

可決率とは、申込件数に対する可決件数の割合のことで、以下のような簡単な数式で計算できます。

可決率=審査に通った件数÷申込件数

可決率は審査の通りやすさを計る目安となっています。

柔軟な審査を行っている消費者金融の会社はネット上でも数社あるようですが、可決率は10%を切る位です。

10人に1人以下しか審査に通らない計算になります。

この点ではアローはかなり高くなっているようです。

リスクを取って審査を通していると言えるようです。

現在、破産・債務整理をした方にも柔軟な審査を行う消費者金融会社は、アローの他にも、インターネット上でも数社見受けられます。

しかしそのほとんどの消費者金融会社の可決率は低く、5%を切っている会社も珍しくありません。(中には1%台の会社もあります。)

仮に5%としても単純に考えて100人に5人しか審査が通らない計算です。

それに比べて、アローの可決率は、正式は数字は公表していませんが、当サイトの調査では、6%~8%前後の数値という結果が出ています。

6%~8%という数値でも低いと感じる方も多いと思いますが、申込者の一定数は、消費者金融側が可決にしても、キャンセルや連絡が取れない人が存在します。

実質で6~8%の可決率が出ているということは、10%前後の承認を出していると推測されます。

アローがこれだけ高い可決率が維持できる秘密は、以下のような理由が考えられます。

①改正貸金業法施行後に営業を開始した新興業者なので、老舗業者のように、過払い返還などで経営が圧迫されるといったことがなく、資金力がある。
②競合他社が淘汰されているので、集客にもそれほどコストがかからない。
③融資をした後も、総量規制が導入されているため、他業者の貸付けで顧客の負債が増加しにくい。

また、インターネットキャッシングを新たに開始した直後に、可決率が極端に高くなる会社もありますが、これは知名度UPと集客を一気に狙ったものです。

そのため、しばらくすれば可決率は徐々に下がってくるのが普通です。

しかし、アローの場合は、2013年9月に、インターネットキャッシングを開始してから、毎年、少しずつ可決率が上がってきているといった特徴があります。

このように、アローの高い可決率は、一過性のものではないので、今後も期待が持てるでしょう。

安心できる資金力

株式会社アローの貸金業登録は、平成22年5月です。

この時期は改貸金業法完全施行を目前に控えた時期であり、当然、アローは法改正後の金利水準を見据えたえたうえで営業を開始しています。

このためもちろん、アローの貸出しは全て利息制限法以内の金利で実施しています。

現在、審査の通りやすい中堅消費者金融は数社ありますが、アローのように改正貸金業法完全施行後を見据えた新興業者は、老舗業者と違い、過払いとは無縁です。

この事実は、資金力という面で大きなアドバンテージになります。

この資金面での余裕が、中小企業であるはずのアローの可決率の高さや、融資額が他よりも高い秘密のひとつと言われています。

アローのカードローンを利用する前に

利用する消費者金融会社を選別する前に、その会社が財務局、県知事の登録を受けた正規登録された消費者金融会社かどうか調査する必要があります。

しかし、利用しようとしている会社が、正規登録会社はどうか見分けるのは簡単な事ではありません。

知名度の低い消費者金融会社であれば、もっと判断が難しいでしょう。

そのような場合は、金融庁のホームページ内の「登録貸金業者情報検索入力ページ」を利用することをおすすめします。

この検索で該当が無い会社は、違法のヤミ金融の可能性が高く、申し込みをするのは危険です。

登録したばかりの会社はリアルタイムで反映されないので、検索されない場合もあります。

最新の情報や不明な点は、登録番号欄に記載されている各財務局・都道府県に問い合わせしてください。

また、正規登録会社には必ず「貸金業登録番号」というものがあります。

アローの場合は【愛知県知事(3)第04195号】です。

ちなみに、カッコ内の数字は、登録時は(1)からスタートし3年ごとの更新の際に、カッコ内の数字が増えていくことになります。

しかし、ヤミ金融業者は、この「貸金業登録番号」も偽造している場合も多いので、貸金業登録番号でも「登録貸金業者情報検索入力ページ」で一度検索することをおすすめします。

違法のヤミ金融の被害に遭わないためにもキャッシングの申し込みは、アローをおすすめします。

キャッシングアローに申し込むなら


実質年率:15.00%~19.94%
借入限度額:1万円~200万円まで
無利息期間:0日
即日借入:◯
満足度:★★★★☆ 4.0

アローの審査について

アローのキャッシング審査は一次審査と二次審査があります。

  • 1次審査:属性(申込みフォームに入力する内容)と指定信用情報機関の内容での審査
  • 2次審査:本人確認、在籍、生活状況や他社借入状況などの詳細確認

破産、債務整理をした方でも審査可能な中堅消費者金融会社は、二次審査を設けている会社が多く、生活状況の詳細確認などのヒアリングも実施されることが多くあります。

1次審査の通過ポイント

申込みの最低条件をクリアしているか

まず、アローに申込みをするには、以下の条件をクリアしなければなりません。

  • 20歳~65歳
  • 健康保険に加入している
  • 無職ではない(主婦は除外)
  • 現在、他社の返済が遅れていない
  • 自営業の場合、確定申告等年収証明が提出できる

借入れは総量規制の範囲内か

既存の借入額が、総量規制の範囲内であることは重要なポイントです。

これがクリアしていなければ、その他の条件がいくら良くても審査は通過しません。

借入額は指定信用情報機関の調査で判明するので、嘘をついて申込みをしてもバレてしまいます。

居住年数・勤務年数について

居住年数や勤務年数があまり短い場合も審査が通過しない可能性があります。

消費者金融の審査は「安定性重視」なので、どちらも少なくとも半年~1年は欲しいところです。

しかし、居住年数であれば単身赴任や転勤などの事情や、勤務年数であれば、配属移動などの事情などもあります。

このような場合は、本来の趣旨である「安定性」の評価とは、関係ありません。

このように、居住年数や勤務年数が少ないことに、特段の事情があれば、申込みフォームの備考欄に入力しておいた方が良いでしょう。

収入について

収入については、源泉徴収票や給料明細などで、裏付けを求められることが多いので、嘘は入力できません。

年収が300万円以上あれば、総量規制の範囲内であれば可決の可能性はかなり高まります。

しかし、年収が200万円を切る場合は、審査はかなり微妙です。

例えば、夫婦子供2人の4人家族で、世帯全体での年収が200万を切るような場合は、キャッシングの利用は困難と判断される可能性が高くなります。

逆に、独身で、実家に暮らしている等、自分の収入を全て自分自身で使用できる環境の人は支払能力有りと判断される可能性が高まります。

念のため、低所得でも返済が可能な根拠を、申込みフォームの「備考欄」に入力しておいた方が良いでしょう。

2次審査の通過ポイント

ヒアリング

担当と直接話をする場合は確認されたことは正直に話すことが重要です。

嘘をついたりごまかしたりすると、結局不信感を与えてしまいます。

指定信用情報機関であなたの他社の利用状況などは把握されています。

また、受け取り方によっては、プライベートなことを根掘り葉掘り聞かれて無礼に感じる人もいるようですが、もちろん担当に悪意はありません。

出来る限り審査を通したいという気持ちで行ってるはずです。

そもそも可決見込みがない人に時間をかけてヒアリングを行うことはありません。

こちらも出来る限りの誠意を持って対応して下さい。

在籍確認

自宅、勤務先などに電話をして在籍確認が行われます。

電話をかける時間帯や電話をする人の男性女性別など、家族や勤務先にバレないように在籍の取り方は相談に乗ってくれます。

担当に相談すると良いでしょう。

他社の返済状況は審査に影響する

現在、アローをはじめ、消費者金融会社に借入れの申込みをした場合、審査において指定信用情報機関への照会が必ず行われます。

アローが加盟している指定信用情報機関は株式会社日本信用情報機構(JICC)

JICCの調査では、借入件数、金額の他に、「直近12か月の延滞日数」が表示されます。

この「直近12か月の延滞日数」は、キャッシング審査において、かなり重要なポイントになるので要チェックです。

以前は延滞日数は判明しなかった

以前は、JICCを照会しても過去の延滞日数などは判明しませんでした。

もちろん、現在、遅れているか否かの判別はできましたし、長期間延滞して事故情報が発生していることなどは判明しました。

しかし、3か月未満の延滞をどのくらいの頻度でしてしまっているかなどは全く不明であったので、現在返済は遅れていないが、毎回のように相当日数延滞が続いてしまうような、返済困難な状況にある方などにも融資をしてしまう危険性もありました。

それが現在は、この「直近12か月の延滞日数」は申込者が他社の返済に行き詰っていないかを判断するための材料になっており、消費者金融会社のキャッシング審査において重要な役割を担っています。

アローでも他社の過去入金状況は重視

もちろんアローの審査も例外ではなく、この「直近12か月の延滞日数」は重視されます。

断言すると、毎回延滞が続いているような方は、たとえ現在延滞していなくてもキャッシング審査は通過しません。

もちろん、2~3日のわずかな日数であれば、可決となる可能性もありますが、7日以上の延滞が毎回続くような方は、まず審査通過は困難だと言えます。

このような状態の方は、何らかの事情で、返済に行き詰っている方と見なされてしまいます。

これから、アローへ申込みを検討している方は、現在、利用中の業者への支払も遅れないようにご注意ください。

アローの審査を受けてみる


実質年率:15.00%~19.94%
借入限度額:1万円~200万円まで
無利息期間:0日
即日借入:◯
満足度:★★★★☆ 4.0

他のカードローンを選ぶ

人気の特徴から選ぶ

  • 低金利カードローン
  • 無利息期間のあるカードローン
  • 銀行カードローン
  • 即日融資可能なカードローン