追加融資よりも新規でアローのカードローンを選んだほうが良い

追加融資と新規のカードローンどっちがいいのか

大手の消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどは利用枠内であれば追加融資が容易に受けられます。

その理由は、ATMで画面を操作するだけだからです。

この枠内であれば何回でも、いくらでも借りる事が出来る契約方式をリボルビング方式と言います。

しかし、信用情報に傷がついているような、ブラックリストにのっているなら追加融資が難しくなります。

さらに、リボルビング方式の取れない個別契約であったり、貸付枠を設定した包括契約であっても追加融資には再審査が必要なところがほとんどです。

追加融資の審査は新規契約よりも厳しい

この追加融資、場合によっては新規契約よりも難しくなります。

前述のリボルビング方式を採用しているブラック対応消費者金融はアローのカードローンのみです。

しかも、このリボルビング契約は最近始めたようで、ブラックでの融資実績などの口コミはまだあまりありません。

今のところ、ブラックリストに載っていて他のカード会社の審査に落ちるようであれば、他の大手消費者金融や銀行などで契約は難しいと考えて良いでしょう。

借りて返してを枠内であれば無審査かつ気軽に利用できるリボルビング契約を結べない限り、追加融資には再審査を受けなければなりません。

まず、初回融資から一回も返済していなければ絶対通らない。

それどころか3回返済くらいではほとんどの中小消費者金融が追加融資は通してくれません。

しかし、アローの場合は審査方法が他社とは違うため、ブラックリストに載っていても審査が通る場合があります。

追加融資が通らないのに新規契約は通るのか

新規契約の場合は審査が通ることがあります。

追加融資の場合は、すでに申し込んでくる人間は顧客であり、囲い込みは終わっていると考えることができます。

そのため、信用を積んでいない顧客に対してリスクを増大させる(融資額を追加する)のは得策じゃないと判断できます。

そのため、取引履歴に返済実績を反映させた追加融資の判断がされます。

しかし、新規契約の場合はまだ囲い込んでいない顧客であり、許容できるリスクの範囲内(融資できる属性)であれば取りに行きたいと考えます。

そのため、同じ10万円を調達するのでも追加融資よりも新規契約の方が通りやすかったりするのです。

しかし長い目で見ると、これをやる事で信用情報は著しく悪化します。

追加融資を繰り返し、借入枠を増やしていく方が、借入件数を増やして借入枠を増やすよりも結果的には大きな融資を受ける事ができます。

借入件数、借入金額共に増えるのは信用情報的には大きなマイナスなのです。

現在の借入先から追加融資が受けられない場合、安易に新規契約先を探すのではなく追加融資が可能な条件の目安を聞き、そこまで持ちこたえれるかどうか慎重に判断する事をおすすめします。

それが結果的に信用情報の良化に繋がり、長い目で見ればブラックからの脱出につながる可能性があるからです。

アローのカードローンが安心な理由

キャッシングのアローを展開する株式会社アローは愛知県名古屋市に本店を置く消費者金融です。

個人向け融資と借り換えローンを主力商品としています。

個人向け融資も借り換えローンもネット申し込みに特化しているのが「キャッシングのアロー」の特徴です。

最近は、店舗や無人契約機などの設備投資をせずに、ネット申込みをメインにする金融会社が増えています。

要するに無駄な設備投資をせずに、お金を融資に回しているということなので、今すぐお金が必要な人にはありがたい存在です。

自己破産や債務整理した人でも審査OK

アローのカードローンは「過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい」と公言しています。

これはあまり例のないことで、逆に大手の消費者金融だと審査に通らないことが多いです。

キャッシングアローは独自審査で過去の自己破産や債務整理された方が、今どんな生活をしていて、これからきちんと返済していけるのかどうかを重要視しているのです。

アローは過去のことよりも、これから先きちんと返済していけるかどうかを独自の審査基準で判断しているお客様ファーストの優良キャッシング業者なのです。

過去に自己破産、債務整理、個人再生などの金融事故がある方は、申込みをする際に申込みフォームの「備考欄」にその旨を入力した方が、審査がスムーズとのことでしたので、是非、入力をするようにしましょう。

過去に自己破産や債務整理をされた方の再出発を金銭面で力強く応援するのがキャッシングアローなのです。

アローに申し込むなら


実質年率:15.00%~19.94%
借入限度額:1万円~200万円まで
無利息期間:0日
即日借入:◯
満足度:★★★★☆ 4.0

アローの審査に落ちた場合

独自審査で柔軟な対応を行っている株式会社アローですが、もちろん、誰でも審査に通るわけではありません。

もしも、アローの審査に落ちてしまったとしても、何が原因で審査に通らなかったか理解しておくことは今後の資金繰りのためにも重要なことです。

というのも、アローの審査に落ちたとすると他の消費者金融の審査に通る可能性は限りなく0%に近いと考えられます。

この状況のままでは違法な闇金融からお金を借りるしか他に方法がなくなるかもしれません。

あなたが闇金融の暴力的な取立てに苦しめられることがないように、安心・安全な消費者金融を利用できるようにするためにも、アローの審査に落ちてしまった理由を冷静に分析して、アローに限らず安心・安全に利用できる消費者金融に申し込みができるように状況を改善しましょう。

公表されている申し込み不可の項目に該当している

アローの公式ホームページ「新規お申し込みフォーム」には、下記の注意事項の記載があります。

  • 未成年及び66歳以上の方はご契約出来ません
  • 健康保険未加入の方はご契約出来ません
  • 無職の方はご契約出来ません
  • 現在、他社のご返済が遅れている方はご契約出来ません
  • 自営業者の方で確定申告等年収証明が提出できない方はご契約出来ません

上記内容に該当している場合はアローの審査に落ちてしまいます。

年齢制限

未成年の方、66歳以上の方はアローに申し込みできません。

健康保険未加入

金銭的な理由で健康保険証をお持ちでない方もいらっしゃると思いますが、アローでは健康保険未加入の方は審査に通りません。

国民健康保険は、お金がないと事情を話せば1ヶ月限定で使える保険証を数千円で発行してくれるので、最寄の市町村役場で相談してみましょう。

無職

どのキャッシングを利用するにしても継続して安定した収入があることが条件となっています。

この条件は日本国政府の強い要請に基づくものなのでどの金融機関でも同様なのです。

もちろん、キャッシングのアローでも継続して安定した収入がある方を申し込み条件とさせていただいているので、無職の方からいただく融資の要望にはこたえられません。

ただし、無職といっても専業主婦の場合には、配偶者の方の同意等があればご融資可能となっています。

要するに、アローに限らずどこの消費者金融でも安定した収入があることが申し込みの条件となっているので、無職の方が審査に通ることはありません。

無職ではダメですが、働いていればアルバイト・パート、派遣社員、契約社員、請負社員など正規・非正規は問わないのでまずは仕事を見つけてから申し込みをしましょう。

他社の返済が遅れている

どの金融機関を利用するにしても現在どこかの支払いや返済が滞っている場合は、審査に通ることはありません。

これは多重債務を防ぐために日本国政府が強く要請していることです。

支払いや返済の遅れには、他の消費者金融からの借り入れだけでなく、スマホや携帯電話の本体の分割購入代金の支払いやクレジットカード等での商品やサービスの分割購入の支払いも含まれているので注意が必要です。

自営業者の方

自営業者の方は収入を証明する書類の提出が必要となります。

一般的には確定申告書の控えを利用します。

確定申告をしていない場合は、収入を証明する手段がないので審査に通る可能性が低くなります。

勤続年数が短い

消費者金融の審査では、年収の額よりも勤続年数の方が重要視されます。

そのため勤務をはじめてから1年程度がたってからでないと一般的な消費者金融での審査には通りづらくなっています。

アローの場合でも最低半年くらいの勤続年数がないと審査に通るのは厳しくなっています。

過去1年以内に他社への返済で延滞

アローが利用している指定信用情報機関(JICC)では、利用者が延滞した場合に「延滞情報」を事故情報として登録します。

登録された事故情報は延滞が解消された後も1年間は抹消されません。

この個人信用情報機関に事故情報が登録されることを俗に「ブラックリストに載る」と呼んだりします。

事故情報が登録されている間は新規の借入契約を結ぶのは難しいのが現状です。

自己破産や債務整理も事故情報として個人信用情報機関に登録されます。登録期間は5年間です。

ここでの延滞は消費者金融への返済だけではなく

  • 携帯電話・スマートフォンの本体代金の分割払い
  • テレビショッピングなどで商品を分割払いで購入した場合
  • 銀行からの借入
  • クレジットカードの支払い
  • 奨学金の返済

なども対象となるので注意が必要です。

便利なカードローンを探すなら

どうしてもお金がない時はカードローンを利用するのも仕方のないことです。

簡単な手続きでお金が借りられるカードローンですが、その楽さにハマってしまい、カードローンに頼りっぱなしになってしまうのは絶対にダメです。

カードローンはどうしてもお金が必要な時にだけ借りるようにしましょう。

ズルズルと借り続けていては利息が溜まり、終いには今よりもお金がない状態になってしまいます。

絶対にそうならないように気をつけましょう。

そこで、当サイトで付き合いやすいカードローンを選別しました。

紹介するサイトは、詳細ページで特徴などを同じ基準で比較しているので、なるべく分かりやすくしています。

よく見てみて、自分にあったカードローンがどれなのかを見てみて下さい。

おすすめのカードローンランキング

第1位 アコム

実質年率:3.00% ~ 18.00%
借入限度額:800万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第2位 モビット
モビット
実質年率:3.00~18.00%
借入限度額:800万円
無利息期間:0日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第3位 静岡銀行カードローンセレカ

実質年率:4.0%~14.50%
借入限度額:10万円~500万円まで
無利息期間:45日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0

他のカードローンを選ぶ

人気の特徴から選ぶ

  • 低金利カードローン
  • 無利息期間のあるカードローン
  • 銀行カードローン
  • 即日融資可能なカードローン