アローのカードローンでお金を借りる

カードローンのアローとは

カードローンの企業であるアローは、消費者金融業界の中で言うと中小の消費者金融と言われています。

しかし、中小と言って資本力を持っており最大で、200万円までのカードローンを組むことができる消費者金融です。

さらに、審査はすぐに行われるので、即日融資も見込めることから、急ぎの用事にも対応することができます。

ただ、申し込んだ時間帯が夕方以降になると、対応が間に合わずに翌日の融資ということもありえます。

また、金利も他の消費者金融よりも1%ほど高くなっています。

しかし、中小消費者金融の中では審査も基準がゆるく、誰でも借りることができるため、審査に自信がないならば試してみても良いかもしれません。

お金を借りるにあたって

  • カードローンでキャッシングする
  • 消費者金融を利用する

このようなこと聞いたり見たりすると、お金を初めて借りる人にとっては不味いことだと思って、不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、恐らくこの記事を読んでる方は、画面の向こうでお金に困っているのかと思います。

そこで、不安になっていると主追われる、お金を借りることのリスクを避ける方法についてと、いまお金を借りるることで当面の金欠を防ぐ方法について解説していきます。

即日でお金を借りる方法

お金を借りないとまずい状況の殆どは、今すぐお金がなければいけない状態かと思います。

普通は、お金を借りることはリスクがあるかと思うので、カードローンやキャッシングは最終手段だと思います。

一昔前までは、リスクの少ない大手消費者金融や銀行からお金を借りるのには書類の郵送や審査などで数日かかっていましたが、現在は即日の借入に応じてくれるカードローンが多数ありますので、まずは安心してください。

いわゆる、「即日キャッシング」「即日カードローン」「即日融資」といったキャッチコピーに対応するサービスです。

即日に対応しているサービスを活用して即金を手にするためのポイントを4つにまとめていますのでチェックしてみてください。

銀行カードローンより消費者金融を選ぶ

即日に対応した銀行カードローンもありますが、基本的には、消費者金融の方がスピーディーに審査が進行し、即金を手にする成功率は高いです。

とにかく急いでいる方は、消費者金融を選択してお金を借りましょう。

そこで、消費者金融からお金を借りるにあたって、より早くお金を借りるための方法について紹介していきます。

午前中にネットで申込む

ご自身の口座に振込融資して欲しい方は、午前中に審査申込をすることが基本です。

注意しなければ行かないことで、最短30分で審査回答があり審査を通過したとしても、銀行の営業時間外になるとどうしても翌日振込になってしまいます。

午前中に申し込みがベストですが、ギリギリで間に合うと言われている「14時まで」に申し込みましょう。

自動契約機(無人契約機)を利用する

午前中を過ぎて、14時も回ってしまったという状況の方はこれから記載する対応をすれば大丈夫です。

まずネットで申し込みを済ませて、最寄りの自動契約機に駆け込んでカードを受取り、併設されているATMでキャッシングする方法です。

この方法ならば、自動契約機の営業時間までは借入ができます。

50万円以下の限度額で申込む

消費者金融は、50万円以下の借り入れなら収入証明不要です。

つまり、必要書類は免許証のみです。

多額の限度額で申込むと、審査に通過しないリスクも高まります。

まずは、50万円以内でしっかりと即金を手にする作戦が得策です。

お金を借りるときの必要書類

消費者金融で借り入れをするとき、必要になる書類は基本的には本人確認書類だけとなっています。

申し込みに準備が少ないこと、それもまた消費者金融の大きな特徴です。

認められている本人確認書類

借入金額が50万円、100万円を超えるようなものでなければ、消費者金融に申し込みをするときに必要な書類は本人確認書類のみとなっています。

本人確認書類として認められているのは、運転免許証です。

運転免許証の交付を受けていない時には、保険証かパスポートが本人確認書類となります。

消費者金融は、申し込み時に用意する書類が少ないため「気軽なキャッシング」とも呼ばれているのは、その理由です。

総量規制で決められた必要書類

消費者金融は貸金業であり、貸金業法に基づいた運営を行っています。

貸金業法には総量規制があります。

消費者金融で借り入れをするときには、総量規制に従って収入証明書類を提出しなければならないラインが決められています。

総量規制とは

2010年に施行されたばかりの新しい法律です。

貸金業法が改正されたことによって新たに作られた総量規制は、私たち利用者にとって身近な法律であり知っておかなければならない法律でもあります。

社会問題にもなったことがある多重債務の問題ですが、そもそも多重債務とは、個人が複数の貸金業から借入をすることによって返済が困難な状況に陥ってしまう状態のこといいます。

もちろん、借り入れをし過ぎてしまった個人にも大きな問題はあります。

しかし、貸した消費者金融にも大きな問題はありました。

それは、返済能力を超えた過剰貸し付けです。

消費者金融から個人が借り入れる金額を抑え、さらに消費者金融が個人に貸し付ける金額を制限する、それが総量規制です。

総量規制では「貸金業から個人が借り入れる金額の上限は年収の3分の1まで」と決められています。

消費者金融に申し込みをしたとき、少額であれば総量規制に抵触する心配は少ないものです。

しかし、金額が大きくなればなるほど、その可能性が出てきます。

総量規制では、一定の借り入れ金額に達した場合には、収入証明書類の提出を必要としています。

  • 1社からの借り入れ金額、借入希望額が50万円を超える場合
  • 貸金業全体からの借り入れ金額が100万円を超える場合

この時、収入証明書類が必要になります。

個人信用情報機関に照会して他社からの借り入れ金額を確認しているため、確実に求められる書類となっています。

新規申込みだけではありません。

「借入残高が10万円以上ある場合には、3か月に一度個人信用情報機関に照会すること」が決められています。

そこで他社からの借り入れ金額が増え、100万円を超すようであれば収入証明書類の提出が必要となります。

家族に内緒でお金を借りれるか

お金を家族に内緒で借りたいと考えている方も多いと思います。

言い換えると「家族にバレずにお金を借りたい」ということでしょう。

そもそも、カードローンを利用してバレる原因の大半は何か知らないという方が多いです。

一般的に「郵送物」によって家族にバレてしまうと言われています。

郵送物の代表的なものは、次の3つです。

  • カードと申込時の契約書などの書類
  • 利用明細書
  • 滞納した場合の督促状

この3つの郵送物をきちんと管理できれば、家族バレずに安心してお金を借りることができます。

アローの審査を受けてみる


実質年率:15.00%~19.94%
借入限度額:1万円~200万円まで
無利息期間:0日
即日借入:◯
満足度:★★★★☆ 4.0

カードと申込時の契約書などの書類

現在のところカードレスで契約することは難しいです。

つまり契約するときは、必ずカードを受け取らないといけないわけですが、カードを自宅郵送ではなく、コンビニなどに郵送してもらうことが第一ステップです。

そうすることによって、カードと申込時の契約書が自宅に送付されなくなります。

利用明細書

振込キャッシングでも、ATMでのキャッシングでも利用明細書は発行されるものです。

バレたくなければATMでキャッシングして、その際に発行される利用明細書は自宅に持ち帰らずにすぐに処分することで、家族にバレることを防げます。

督促状

督促状とは、返済が遅れている人に対して、貸金業側が支払いを催促するために送られてくるハガキのことを指します。

督促状に関しては、必ず自宅宛に送られてきます。

返済を怠っていなければ送られることはありません。

自宅宛の郵送は避けられないので、家族にバレたくなければ支払いに遅れると言ったことは絶対に避けてください。

もしお金が返せなくなったら

お金が返せなくなったらという心配については、借りる前にしっかりとした返済計画を立てることが、まず第一に言えることです。

しかし、もし多重債務など返済に困った事態に陥った場合、相談窓口として国民生活センターなど、無料で相談できる窓口はたくさんあります。

また、複数のカードローンを利用してしまった場合には、ローンの一本化があります。

何件も複数ある借り入れ先は、返済が困難になるだけではなく現状を混乱させます。

借入残高も金利も利息も、どのくらいの金額になっているのか把握できていないケースが多いのです。

消費者金融からの借り入れがいくつもあるなら、低金利の銀行カードローンにまとめる方法があります。

銀行カードローンは、融資限度額によって金利が決まります。

借り入れ金額が大きくなる「おまとめ・借り換え」では、金利を抑えての借り入れができますので、返済が格段に楽になります。

銀行カードローンでは、おまとめ専用のプランが用意されているところはほとんどありません。

その為、通常のカードローンを使ってまとめることになります。

資金使途が自由となっており、借金のおまとめにも利用が可能です。

学生でもお金借りるはできるか

20歳以上でアルバイトによる収入がある学生なら可能です。

カードローンの基本は「20歳以上の安定した収入がある方」です。

そのため、学生であっても主婦であっても問題はありません。

問題になるのは「学校区分の範囲」です。

20歳以上で大学、専門学校、短期大学や国立高専に通っているのであればもちろん20歳以上の学生になります。

しかし、同じ学生でも高校生では年齢の条件にも達していないため申し込みができません。

クレジットカードでは、未成年でも申し込みができるところもありますが、カードローンでは収入がある成人に限られています。

この収入は、正社員として勤めていなければならないということではなく、アルバイトによる収入で問題はありません。

審査なしでお金借りれるか

カードローンには必ず審査があります。

お金を借りる=利息を付けて返済をすることです。

貸す側になってみればわかる単純な構図なので、どこの誰かも知らない一個人に融資を行うところなどありません。

必ず返済を確実にできるのかという入念な審査が行われ、返済がされるだろうと判断が下されたときにはじめて融資を受けられます。

銀行カードローンでは、銀行の審査と保証会社による審査が行われています。

もし審査なしでお金を借りられるところがあるとすれば、そこは闇金融です。

広告などで審査が甘いことをうたっていた場合は、闇金と考えて間違いないでしょう。

まともな貸金業者であれば、返済ができるかどうかの調査もなしに融資を行うなどありえないことです。

おすすめのカードローンランキング

第1位 アコム

実質年率:3.00% ~ 18.00%
借入限度額:800万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第2位 モビット
モビット
実質年率:3.00~18.00%
借入限度額:800万円
無利息期間:0日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第3位 静岡銀行カードローンセレカ

実質年率:4.0%~14.50%
借入限度額:10万円~500万円まで
無利息期間:45日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0

他のカードローンを選ぶ

人気の特徴から選ぶ

  • 低金利カードローン
  • 無利息期間のあるカードローン
  • 銀行カードローン
  • 即日融資可能なカードローン