アローのカードローンとは

カードローンのアローとは

カードローンの企業であるアローは、消費者金融業界の中で言うと中小の消費者金融と言われています。

しかし、中小と言って資本力を持っており最大で、200万円までのカードローンを組むことができる消費者金融です。

さらに、審査はすぐに行われるので、即日融資も見込めることから、急ぎの用事にも対応することができます。

ただ、申し込んだ時間帯が夕方以降になると、対応が間に合わずに翌日の融資ということもありえます。

また、金利も他の消費者金融よりも1%ほど高くなっています。

しかし、中小消費者金融の中では審査も基準がゆるく、誰でも借りることができるため、審査に自信がないならば試してみても良いかもしれません。

アローの審査条件

アローは審査が甘いとは言われますが、誰でも審査に通過できるわけではありません。

アローの審査に通るためには、3つの条件を満たしていなければいけません。

この条件事態はそんなに厳しくないため、恐らく殆どの人が通過できると思います。

明確な審査基準がアローにはあるので、しっかりと条件を満たしていれば、今すぐキャッシングすることができます。

現在滞納がない

アローの審査で一番大切なのは「今現在でカード類の滞納がないこと」です。

具体的には、

  • 他社カードローンの返済
  • クレジットカードの返済
  • 携帯の分割代金 

これらに滞納がなければアローの審査に通過する可能性はとても高いと言えます。

ちなみにアローの場合「今現在滞納がなければ審査要件としてはOK」という認識で問題ありません。

もちろん審査は総合的な判断が行われますが、一番大切なのは「今」滞納がないこと。

なので、あなたが今から審査を申し込むのであれば、必ず滞納や未収関連の問題は解決してから審査を申し込む様にしてください。

年収が100万円以上

口コミサイトを分析した結果、アローは「年収が100万円以上」の人を目安に融資を行っているようです。

ちなみに、無職は審査落ちの対象で、主婦なら例外的にキャッシングできるようです。

年収を証明する資料としては主に以下のものが有効です。

  • 過去2か月分の給与明細
  • 直近の源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書

これらの書類がどれか1点でもあれば収入を証明できる書類として有効です。

健康保険証を持っている

アローの審査において意外と重要なのが「健康保険証」を持っていることです。

理想は社会保険証ですが、別に国民健康保険証でまったく問題ありません。

注意する点は、パートやアルバイト収入の人でも、健康保険証を持っていない人は審査の対象から外れてしまうという点。

誰かの扶養に入って保険証を手に入れても構いませので、まずは役所に行って健康保険の手続きを行うようにして下さい。

国民健康保険の場合、事情を話せば一時的にカードを発行してくれるケースもあります。まずは役所でご相談してみてください。

債務整理中でも審査可能

今回は消費者金融アローの審査基準や基本的な情報について話をまとめました。

実はアローの場合、現在滞納がないことが条件なので、ブラック属性や債務整理中の人でも審査対象となっています。

また実際問題として、モビットやアコムなど大手消費者金融に落ちた人たちが申し込むので、審査が甘いのも事実だと言えます。

なので、もしあなたが本当にお金に困っているのであれば、アローが助けてくれるかもしれません。

アローの増額

アローを利用して、しばらく返済を続けると増額が可能になる場合があります。

アローから営業電話が入る場合もあるようですが、こちらから問い合わせしても大丈夫です。

増額できるようになる時期や金額などはケースバイケースですが、一般的に半年間ほどの入金実績があれば可決の見込みはあります。もちろんその間に延滞などが無い場合に限ります。

審査通過のポイントは3点です。
①他社含めて延滞していない
②負債が増加していない
③自宅や勤務先など頻繁に変更していない
これらをおさえておけば、増額で、思わぬ高額な決裁が出る可能性もあります。

増額もネットがおすすめ

増額の申し込みも、新規申し込みと同様に、公式ホームページからインターネット申し込みが可能になっています。

インターネットは24時間受付可能なのでおすすめです。

また、増額のインターネット申込は、「自宅情報」「勤務先情報」について、従前と変更が無ければ、

「当社へお届けと変更無し」を選択することで、入力を省略することができるので、入力にも手間がかかりません。

アローのカードローンに申し込む


実質年率:15.00%~19.94%
借入限度額:1万円~200万円まで
無利息期間:0日
即日借入:◯
満足度:★★★★☆ 4.0

アローは土日でもお金借りれるのか

アローは、愛知県名古屋市に本店を構える消費者金融です。

インターネット申込のみ受け付けており、全国の方が利用できます。

アロー土日キャッシング可能かどうかといると、残念ながら土日は銀行振込みができませんので不可能です。

なぜならアローでは振込みキャッシングのみ可能ですから、銀行営業日の15時がタイムリミットとなります。

アロー土日キャッシング不可の代わりに、平日なら即日キャッシングが可能です。

急にお金借りることになった場合、即日キャッシングが可能な消費者金融で借りる方が多いです。

しかし過去に自己破産や債務整理をした方は、大手の消費者金融では審査に通る可能性が非常に低いです。

アローではこのような方も融資の対象としているので、自分の属性に自信のない方に最適な消費者金融です。

それでもそのような方が審査に通る確率は、10%未満と言われています。

アローの審査の特徴

アローは、1次審査と2次審査の2段階審査が特徴です。

1次審査は、申込フォームに記入した属性と信用情報機関の内容で審査されます。

なお申込条件は、年齢が満20歳以上65歳以下の方で、各種健康保険に加入しており、無職でない方です。

もちろん現在他社から返済の遅滞がないことも必要です。

1次審査に通過すると、2次審査が始まります。

まずは担当者からヒアリングがあり、属性に関することを中心にいろいろ聞かれます。

他社からの借り入れ額を少なく伝えてもすぐにばれるので、全て正直に話すことが審査通過のポイントです。

また人柄もチェックされるので、言葉遣いなどに気をつける必要があるのです。

そして勤務先への在籍確認も当然あります。

場合によっては自宅に電話がかかってくることもあります。

そこで不安な方のために、電話をかける時間帯や電話をかける男女の指定など、柔軟に対応してもらえるのです。

これらの2次審査を通過すると、ようやく融資が決定します。

このようにアローでは、2段階審査となり時間がかかりがちなので、

即日キャッシングをするためには遅くても平日の10時までには申し込む必要があります。

ただしアローでは、どなたでも即日キャッシングができるわけではありません。

担当者がヒアリングの結果即日キャッシングにリスクがあると感じたら、断られるケースもあるのです。

このケースでは郵送契約となり、1週間ほど時間がかかる場合もあります。

しかし属性に不安のある方は他社では借りられる可能性は低いので、

時間が多少かかってもアローを利用する方が得策です。

カードローンの選び方

カードローンは、緊急でお金が必要な時に非常に使い勝手のよいサービスです。

身の回りの人を見ると分かるかとお見ますが、貯金は全くしていないという人も多くいるでしょう。

そういった人は、緊急でお金が必要になったときなどは、対応できずにその月を節約しながら過ごすしかありません。

しかし、カードローンを使えばそのピンチを乗り切る事ができます。

例えば、給料日後に買い物をしすぎてしまった場合などは、カードローンを上手に利用すれば乗り切ることができるでしょう。

サラリーマンはもちろん、パート・アルバイトでも借り入れ可能なカードローンもあります。

正しい使い方をすれば、カードローンは生活の大きな味方となってくれます。

当サイトでは、おすすめのカードローンの紹介はもちろん、カードローンの知識やメリット、デメリットなど多岐に渡って解説しています。

カードローンを作成する際の参考にしてみてください。

選定の注意点

カードローンを利用したいと思っても、違いなどが分からず、どのカードローンを選べば良いのかわからない方も多いのではないでしょうか。

カードローンと言っても、消費者金融や銀行で扱うカードローンが全て同じわけではありません。

今回は、カードローンを選ぶ際に知っておきたい、おすすめの注意点を紹介します。

知っておきたい前提知識

カードローンを選ぶときのおすすめポイントを知る前に、前提知識としてカードローンとは何かを説明します。

カードローンとは、カードを使用しATMや窓口などで借入ができる金融商品のことで、消費者金融や銀行で取り扱っています。

特徴としてまず挙げられるのが、無担保・保証人無しでキャッシングできる点です。

利用者側からすると、金融機関から融資を受けるので、利用する前には必ず信用情報機関から信用情報を参照され、その結果を元にした審査に通過する必要があります。

カードローンでは、限度額の範囲内であれば何度でも借りることが可能です。

一方で、通常のローン(例えば住宅ローンや自動車ローンなど)は、一度借入をしたらそのローンを返済すると取引が終了します。

カードローンは、資金使途が制限されている住宅ローンや自動車ローンとは違い、資金使途は自由となっています。

そのため、借りたお金を自由に使えるところがおすすめできる理由の一つです。

カードローンの返済方法は、ATM、振込、口座振替などさまざまな方法があるので、借主にとってはいつでも返済できるため、返済が滞らない限りは生活を便利にするサービスとなります。

おすすめの着眼点

カードローンは、消費者金融系か銀行系でも違いますし、各社で条件が細かく違います。

カードローンの商品紹介で金利部分は、5%~18%というように表示されています。

これは、借入金額や借り手の信用力で金利が変わるためです。

借入先の会社によって多少の違いはありますが、借入金額が10万円以下など低い金額の場合は、上限金額に近い金利が適用されます。

また、100万円を超えるような高額な借入額であれば金利は下がります。

消費者金融に比べて、銀行カードローンの金利はやや低めです。

消費者金融だと金利はおよそ5%~18%で、銀行カードローンではおよそ3%~15%です。

ここで当サイトでおすすめしている着眼ポイントは、最高金利の数字です。

基本的に、お金を借りるときは、よほど返済実績を積まない限りは最高金利で貸付が行われます。

特に、カードローンを申し込む会社をいままで利用したことがない人なら、ほぼ確実に最高金利でカードローンが組まれます。

そのため、カードローンを選ぶときは、まずは最高金利の数字の高さを見ると良いでしょう。

基本的に、最低金利で借入ができることはないと思ってください。

おすすめのカードローンランキング

第1位 アコム

実質年率:3.00% ~ 18.00%
借入限度額:800万円まで
無利息期間:30日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第2位 モビット
モビット
実質年率:3.00~18.00%
借入限度額:800万円
無利息期間:0日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0
第3位 静岡銀行カードローンセレカ

実質年率:4.0%~14.50%
借入限度額:10万円~500万円まで
無利息期間:45日
即日借入:◯
満足度:★★★★★ 5.0